文字の大きさを選ぶ

  • サイズ:中
  • サイズ:大
  • サイズ:特大

閉じる

言語を選択する


荷物の梱包方法

梱包の基本

大切な荷物を安全にお届けするために、荷物の性質、重量、容積などに応じて、運送に適した梱包をお願いしています。荷物を送る前にご確認ください。

用意するもの

梱包資材(ダンボールなど)

大切なお荷物の破損などを防ぐため、ダンボールなどの資材で梱包していただく必要があります。

粘着テープ(ガムテープなど)

ダンボールを組み立てる際や、閉じる際に使います。ダンボールの強度を高めることにも役立ちます。

緩衝材(新聞紙など)

お荷物の傷を防いだり、ダンボールの中の隙間を埋めて破損を防いだりするために使います。

梱包資材は集荷の際にお持ちすることもできます

ダンボールの組み立て方

ダンボールを組み立てる際は、底抜けを防止するために、適切にガムテープを貼ってください。

十字貼り

箱の縦横にガムテープなどを貼ることで、効果的に強度を高める方法です。もっとも圧力のかかる中心部が補強され、大抵の荷物に耐えられます。

H貼り

箱の左右と中央にガムテープなどを貼る方法です。箱の強度が増し、破損防止に役立ちます。

縦貼り

軽いものを送る際には、この方法でも問題ありません。

詰め込み時のポイント

重いものは小さい箱に

一人で運べない重さの荷物は、お預かりできない場合があります。ダンボールが壊れる可能性もありますので、無理をせず小さな箱を使って小分けにしてください。

重いものは下、軽いものは上

ひとつのダンボールの中にいろいろなものを詰める場合は、重いものから順に詰めていくことで破損を防ぎます。

ダンボールの中に隙間を作らない

ダンボールの中に隙間があると、運送時に荷物同士がぶつかり合う可能性があります。中のものが動かないよう新聞紙やエアキャップ、タオルなどで埋めてください。

お荷物ごとの梱包テクニック

梱包で困ったら、お気軽にヤマト運輸営業所までご相談ください