言語を選択する


トップメッセージ

当社は1919年に創業し、1929年に日本初となるトラックによる「路線」事業を経て、1976年に「宅急便」事業をスタートしました。

宅急便は、「個人から個人へのお荷物を翌日に配達する」ことから始まりました。その後ゴルフ宅急便やクール宅急便など新しいサービスをつぎつぎとお届けしてきました。また、宅急便コレクトなど、さまざまな付加価値サービスも開発し、eコマースをはじめとする「法人からのお荷物」の成長にも貢献してきました。そのどれもが、お客さまの声から生まれたサービスです。

時代の変化に合わせて、変わり続けてこられたのは、「お客様にとって、いいサービスをお届けしたい」という変わることのない思いがあったからです。

2019年にヤマトグループは100周年を迎えました。私たちは次の100年も、豊かな社会の創造に持続的な貢献を果たす企業であり続けることを目指して、お客さまのニーズをキャッチし、お客さまに寄り添ったサービスをご提供し続けます。

そのために、データ・AI・ロボティクスなどを徹底的に活用しながら、第一線の社員がお客さまにしっかりと向き合い、「お客さまの立場にたって考え、スピーディーにお応えできる」環境づくりを、スピード感をもって実行します。

私たちはただ「お荷物を運ぶ」だけではありません。送り手・受け手のお客さまと運び手の私たち物流事業者の双方にとって最適な配送サービスを創り出すとともに、法人のお客さまが抱える物流課題を解決するソリューションをご提供していきます。

また、地域が抱える少子高齢化や過疎化といった課題や災害に対する自治体と連携した対応や、物流業界全体を最適化しサステナビリティを実現するためのオープン型宅配便ロッカーの展開や他の物流事業者との共同運行の拡大など、社会的な課題に正面から向き合い、積極的に取り組みます。

これからも、「宅急便」をより進化させていくことはもちろん、「宅急便」以外でも、お客さまに喜んでいただくために何をすべきか、お客さまの声に誠実に耳を傾け、考え続け、よりよいサービスを追求していきます。

今後とも、一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2020年4月

代表取締役社長 社長執行役員

栗栖 利蔵