文字の大きさを選ぶ

  • サイズ:中
  • サイズ:大
  • サイズ:特大

閉じる

言語を選択する


トップメッセージ

当社は1919年に創業し、1929年に日本初となるトラックによる「路線」事業を経て、1976年に「宅急便」事業をスタートしました。

多くの方々に支えられた宅急便の歴史は、常にチャレンジの歴史でもありました。事業化は難しいとされていた個人から個人への翌日配達を実現し、またゴルフ宅急便やクール宅急便、時間帯お届けなど、新しいサービスをつぎつぎとお届けしてきました。どれも、お客さまの声から生まれたサービスです。
時代の変化に合わせて、変わりつづけて来られたのは、「お客さまにとって、いいサービスをお届けしたい」という変わることのない思いがあったからです。

2019年の100周年に向け、私たちはこれからもチャレンジをつづけます。たとえば、ネットワークの革新により、物流を「コスト」から「価値を生み出す手段」に進化させ、企業さまの物流改革を実現する「バリュー・ネットワーキング」構想の推進。地域が抱える少子高齢化や過疎化といった課題に、自治体と連携して取り組む「プロジェクトG」。宅急便を受け取るお客さまの利便性を向上させるオープン型宅配ロッカーネットワークの構築など、新しい試みを積極的に進めていきます。

世の中が急速に変化していく中で、宅急便に求められていることは何か、常にお客さまの声に耳を傾けること。どうすれば喜んでいただけるのか、考えを巡らすこと。いつもここに立ち戻りながら、ラストワンマイルを進化させ、よりよいサービスを追求していきます。

今後とも、一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 社長執行役員

長尾 裕