このページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
ここからヘッダーメニューです

沿革

大正

大正8年 1919年 11月 当会社創立、創立総会を東京市京橋区において開催する。
(資本金10万円、代表者 小倉康臣)
同所において車両4台をもって貸切トラック輸送を開始する。
大正12年 1923年 4月 三越百貨店と商品配送の契約を結ぶ。

昭和

昭和4年 1929年 2月 第二大和運輸株式会社設立。
(現在のヤマトホールディングスの登記上設立月日。事実上設立日は同年4月9日)
5月 第二大和運輸を存続会社として、大和と第二大和各々の株主総会で合併を決議、新会社設立。社名を大和運輸株式会社とする。
6月 東京〜横浜間に本格的な定期便を開始する。
(わが国最初の路線事業)
昭和24年 1949年 5月 東京証券取引所に上場。
昭和25年 1950年 3月 汐留にて通運事業を開始する。(同年4月秋葉原、飯田町各駅開始)
昭和26年 1951年 1月 C.A.T航空会社と代理店契約を締結し、航空貨客の取り扱いを開始する。
昭和30年 1955年 3月 国際航空輸送協会(IATA)より貨物取り扱い代理店の公認を受け、内外著名航空会社と代理店契約を締結する。
昭和32年 1957年 6月 親子猫マーク(商標)を制定し使用を開始する。
昭和33年 1958年 5月 美術梱包輸送業務を開始。(インカ帝国文化展、ゴッホ展を受注する)
昭和48年 1973年 1月 コンピュータ部門を分離し、ヤマトシステム開発株式会社を設立する。
昭和49年 1974年 2月 貨物輸送に関するオンラインシステム(NEKOトータルシステム)を開始する。
昭和50年 1975年 9月 家財等の長期保管のためのバンパックシステムを開発、取り扱いを開始する。
昭和51年 1976年 1月 関東一円において、小口貨物の特急宅配システム『宅急便』を開始する。(初日、20日の発送個数は11個。同年5月から遂次全国主要都市に拡大実施)
昭和54年 1979年 3月 第114期宅急便、1,000万個達成。
昭和56年 1981年 12月 宅急便月間取り扱い1,000万個を達成。
昭和57年 1982年 10月 商号をヤマト運輸株式会社と改称する。
昭和58年 1983年 12月 スキー宅急便の販売を開始する。
昭和59年 1984年 3月 第119期宅急便取り扱い1億個を突破。
4月 ゴルフ宅急便の販売を開始する。
昭和60年 1985年 9月 駐停車時に腰ひもを利用した「アイドリングストップ」を開始。
9月 ヤマトホームサービス(株)設立。
昭和61年 1986年 11月 コレクトサービス開始。
昭和62年 1987年 2月 UPS宅急便販売開始。
5月 全国一波無線による運行情報システムスタート。
昭和63年 1988年 7月 クール宅急便全国展開。
9月 ヤマト・ザ・シーメール発売。
11月 宅急便モデルチェンジ60、80、100、120の4サイズに。
11月 「夜間お届け」サービス実施。

平成

平成元年 1989年 11月 空港宅急便発売。(成田空港)
平成2年 1990年 8月 宅急便伝票のリサイクル活動を開始。
平成3年 1991年 6月 福井輸送株式会社より営業権の一部を取得し、全国自社ネットワークが完成する。
平成4年 1992年 2月 宅急便タイムサービス発売。
平成5年 1993年 3月 第128期宅急便年間取り扱い5億個を達成する。
9月 (財)ヤマト福祉財団発足。
12月 宅急便月間取り扱い1億個を達成する。
平成6年 1994年 3月 ヤマト仕様のLPG車(2tウォークスルー車)を開発し、実用テストを開始。
7月 宅急便モデルチェンジ 140、160サイズ増設、複数口減額制度を開始。
平成7年 1995年 4月 社訓、経営理念、企業姿勢、社員行動指針から構成された「ヤマト運輸企業理念」を制定。
4月 「ヤマト運輸企業理念」に環境保護への配慮を規定する。
9月 セキュリティーパッケージを発売。
12月 宅急便発売開始からの発送個数が50億個を超える。
平成8年 1996年 6月 環境庁の「アイドリング・ストップ」キャンペーンに参加。ステッカーを全車両に貼付。
8月 伊豆諸島の七島(利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、青ヶ島)に宅急便エリア拡大。
12月 年末年始営業開始。365日営業となる。
平成9年 1997年 3月 「クロネコメール便」全国展開スタート。
6月 オリジナル物販商品の総称ブランド『得選市場』の第1号商品として、全社統一規格のトイレットペーパーを販売開始。
6月 「環境の日」に環境庁より地球温暖化防止部門(第1回)の環境保全功労者として環境庁長官表彰を受ける。
7月 ヤマト仕様のCNG車(2tMPバン)を開発し、実用テスト開始。
11月 小笠原諸島(父島、母島)の宅急便取り扱いを開始し、宅急便の全国ネットワーク計画が完成した。
11月 クロネコ・クイックメンテナンス・サービス発売。
平成10年 1998年 2月 ホームページでの「荷物お問い合わせシステム」スタート。
4月 低公害車を2010年まで年間200台規模で導入する計画を決定。
6月 「時間帯お届け」サービス開始。
6月 「ゴルフ・スキー・空港 往復宅急便」発売。
11月 宅急便でお取り寄せができるお店の情報検索サービス「クロネコ探検隊」開始。
平成11年 1999年 4月 ユニホームリサイクルに取り組む。
10月 クロネコメール便配達完了情報入力開始。
11月 携帯電話情報提供サービスでの「荷物お問い合わせシステム」スタート。
平成12年 2000年 7月 クロネコメール便サイズ拡大。民間で初めて全国一律運賃の認可を受ける。
11月 ネットオークションにおける代金決済仲介サービス「宅急便エスクローサービス」発売。
平成13年 2001年 2月 インターネットでの宅急便集荷・再配達依頼受付スタート。
4月 電気式MPバン(エコクール車)を順次導入開始。
8月 クレジットカードでの事前決済「クロネコ@ペイメント クレジットカードサービス」スタート。
平成14年 2002年 2月 荷物が届く日時をお客様にeメールでお知らせするとともに、ご都合が悪い場合は受け取り日・時間帯を変更していただける「宅急便・メール通知サービス」をスタート。
7月 パソコンを集荷時に専用の資材でスピーディーに梱包し輸送する「パソコン宅急便」の販売開始。
10月 全国で32,000台の携帯電話を導入し、お客様のご要望を直接SDが伺う「SDダイレクト通信」開始。
10月 通販会社のクーリングオフやメーカーの修理品の引取を対象とした「宅急便引取サービス」を開始。
12月 世界で初めて、2t車クラス小型トラックのハイブリット集配車をテスト導入。
平成15年 2003年 4月 ヤマトグループ内の事業領域を明確に整理し、5つの事業フォーメーションを構築。
4月 クロネコメール便リニューアル。50g以下と100g以下の2サイズを新設。
4月 経営の効率化とお客様へのサービス強化を目的とした組織改革「宅急便エリア・センター制」を開始。
5月 お客様ご自身のパソコン・プリンタで簡単に送り状を印刷していただけるオンラインソフト「i-CATs送り状発行ソフトB2(ビーツー)」誕生。
9月 宅急便1個あたりのCO2排出量を30%削減する「ヤマト運輸地球温暖化目標」を策定。
11月 航空機の深夜フライトを利用し、北海道〜関東(1都7県)間で「超速宅急便」サービス開始。
平成16年 2004年 3月 伊豆七島・小笠原諸島でのコレクトサービスを開始し、取り扱いエリアが全国へ。
3月 クロネコメール便の約款適用開始。現金精算が可能になるなど、より使いやすいサービスへ進化。
7月 一度の登録で荷物のお届けをeメールでお知らせし、希望通りのお届け日・時間帯に変更いただける宅急便[お届け通知サービス]スタート。
7月 「超速宅急便」九州エリアサービス開始。
10月 インターネット上で簡単に伝票が印刷できる「送り状発行システムC2 ( シーツー)」サービス開始。
10月 ホームページ上でお届け所要日数を検索できる「お届け予定日検索」スタート。
11月 地域担当SDが携帯電話でお客様と直接コミュニケーションをとりご要望に合わせてスピーディーに対応する「クロネコヤマトのドライバーダイレクト」をスタート。
11月 ドイチェポストの日本向け国際メール便を国内で配達開始。
平成17年 2005年 2月 お客様からお申し込みいただいた内容を無料で「宅急便送り状」に印字しお渡しする「宅急便送り状印字サービス」開始。
3月 純粋持株会社への移行を見据え、移行時にデリバリー事業を分割承継させる目的で、ヤマト運輸分割準備株式会社を設立。
7月 従来の商品代金決済サービスである「代金引換」「クレジットカードによる事前決済」に、「お届け時のカ−ド払い」「コンビニ・郵便局払い」「パソコン・携帯払い」を新たに加え、通販事業者様向け総合決済サ−ビス「宅急便コレクト」を開始。
11月 ヤマト運輸株式会社のすべての事業を会社分割によりヤマト運輸分割準備会社へ分割し、純粋持株会社へ移行。ヤマト運輸株式会社は、ヤマトホールディングス株式会社へ。ヤマト運輸分割準備会社は、ヤマト運輸株式会社へそれぞれ商号変更。
11月 荷物に関する各種情報(ご不在連絡・お届け完了・お届け予定)をeメールでお知らせする「宅急便e-お知らせシリーズ」開始。
平成18年 2006年 2月 ご不在で受取れなかった宅急便をお客様がご指定されたコンビニエンスストアや営業所で受取れる「宅急便店頭受取りサービス」を開始。
5月 「セキュリティ」と「環境リサイクル」を実現する「クロネコヤマトの機密文書リサイクルサービス」を開始。
6月 「クロネコ国際メール便」全国の宅急便センターでの取り扱い開始。
10月 「やすい」「かんたん」「あんしん」に海外へ荷物を送れる「国際宅急便」を発売。
10月 「クロネコメール便」リニューアル。また、お急ぎのお客様のご要望に応え「クロネコメール便 速達サービス」を発売。
11月 個人情報非公開で落札後の決済から配送までを「安心」して「便利」に利用できる商品の「オークション宅急便」を発売。
平成19年 2007年 1月 「ヤマト運輸地球温暖化防止目標」の達成に向けて、低公害なウォークスルータイプのハイブリッド車の本格導入開始。
4月 究極のエコカー「燃料電池ハイブリッド車」のテスト運行開始。
9月 大日本印刷とのコラボレーションにより、DMの制作・印刷・配送までを一貫して提供する「クロネコメール便シートメール」発売。
11月 個人会員制サービス「クロネコメンバーズ」開始。「らくらく送り状発行サービス」では宅急便センター受付に設置されたサービス端末「ネコピット」で送り状が発行可能。
11月 宅急便の運賃支払いや通信販売における商品代金支払いに、電子マネーカード決済対応開始。
平成20年 2008年 2月 宛名ラベルにコンビニなどで支払可能な払込票が付いた「クロネコメール便コレクト<コンビニ・郵便局払い/パソコン・携帯払い>」を発売。
2月 「クロネコメンバーズ」に「お届け予定eメール」「お届け完了eメール」機能追加。
4月 商品回収などを目的に、運賃を受取人負担とした「クロネコメール便 特定受取人払い」を法人限定で発売。
5月 配達時に本人確認をした上で荷物をお渡しする、宅急便「本人確認サービス」を発売。
10月 「宅急便」が、2008年度グッドデザイン賞で、特別賞「グッドデザイン・ライフスケープデザイン賞(経済産業大臣賞)」を受賞。
12月 地域の子どもたちに交通安全の知識を伝えることを目的として、1998年から実施してきた「こども交通安全教室」の参加人数が150万人を突破。
平成21年 2009年 6月 全国の営業所窓口で、複数の電子マネーによる運賃・資材の決済対応開始。
9月 営業所を活用した法人向けパッケージサービス「クロネコBizステーション」を開始。
10月 サービス品質と業務効率の向上を目的に、経理業務の一部を外部委託。
平成22年 2010年 1月 シンガポール、上海市内にて宅急便事業の開始。
2月 クロネコメンバーズにご登録いただいた方を対象に、お客様がネット上でご希望の受け取り日、時間帯、受取方法をお選びいただける「クロネコメンバーズ 宅急便 受取指定」開始。
2月 請求書・請求明細をWeb上で閲覧・ダウンロードいただける「Web請求書提供サービス」開始。
2月 セールスドライバーがより安全で環境にやさしい運転ができるよう支援する独自の車載システム「See-T Navi(シーティーナビ)」の導入開始。
6月 通信販売等で購入された商品代金のお支払いに、国内主要の電子マネーをご利用いただける、宅急便コレクト「お届け時電子マネー払いサービス」開始。
10月 低炭素社会の実現に貢献するため、軽商用電気自動車の集配実証走行試験を実施。
平成23年 2011年 2月 香港で宅急便事業を開始。
3月 東日本大震災の被害が甚大であった岩手県・宮城県・福島県に「救援物資輸送協力隊」を設置。各自治体と連携し、救援物資の輸送などに全面的に協力。
5月 環境負荷の削減を目的とした集配を行うため、軽商用電気自動車「MINICAB‐MiEV」100台発注。
5月 CO2削減のため、京都市で路面電車「嵐電」を活用した宅急便輸送を開始。
6月 安全・エコナビゲーションシステム「See-T Navi」が「第12回物流環境大賞 物流環境負荷軽減技術開発賞」を受賞。
9月 マレーシアで宅急便事業を開始。
10月 クロネコメンバーズ電子マネーカードを発行開始。また、モバイルクロネコメンバーズ(おサイフケータイ会員証)も開始。
平成24年 2012年 1月 スマートフォンアプリ「クロネコヤマト公式アプリ」をiPhoneユーザ向けに提供開始。
1月 法人様向けのポータルサイト「クロネコマイページ」をリニューアルし、新たな機能を追加した業務支援ポータルサイト「ヤマトビジネスメンバーズ」のサービスを開始。
2月 安全意識と運転技術のさらなる向上を目指した「第1回ヤマト運輸全国安全大会」を開催。
3月 ヤマトグループとしての東日本大震災の被災地復興支援を目的とした寄付総額が、年間で142億3,608万1,360円に確定。
6月 「こども交通安全教室」参加人数が累計200万人を突破。
6月 京都市での路面電車「嵐電」を活用した宅急便輸送の取り組みが「第13回物流環境大賞物流環境特別賞」を受賞。
7月 「クロネコメール便」の取り扱いをA4サイズに一本化。
9月 通販商品の受け取り場所にコンビニエンスストアを指定できる「宅急便受取場所選択サービス」開始。
11月 海外宅急便展開地域への「国際宅急便」の最短翌日配達を書類から開始。
12月 「ネコロジー」を合言葉にした環境保全活動の推進が「平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰 対策活動実践部門」を受賞。
平成25年 2013年 1月 店頭端末「ネコピット」のタブレット型を導入開始。
3月 ヤマト運輸、トヨタ、日野が協力して電動(EV)小型トラックの実証運行を開始。
4月 宅急便を受け取るお客様のさらなる利便性向上を図るため、「荷物お問い合わせシステム」に宅急便のお受け取り日・時間帯を変更依頼できる、業界初の機能を追加。
5月 海外宅急便展開地域への「国際宅急便」の最短翌日配達を小口貨物でも開始。
6月 第14回物流環境大賞において、ヤマトグループの環境保護活動である「ネコロジー」の推進により「物流環境啓蒙賞」を受賞。
7月 ヤマトグループ「バリュー・ネットワーキング」構想を発表。
8月 那覇空港に隣接する国際ロジスティクスセンター施設内「パーツセンター」開所。
8月 「厚木ゲートウェイ」を竣工。
9月 工場ラインへの部品調達物流を支援する「熊本スルーセンター」開所。
9月 「羽田クロノゲート」を竣工。
10月 国際小口保冷輸送サービス「国際クール宅急便」発売開始(日本発香港向け)
12月 宅急便月間取扱2億個を達成。
平成26年 2014年 1月 「ICカード免許証」を活用した運転免許証管理システムを構築。
2月 「羽田クロノゲート見学コース」をオープン。
4月 クロネコメンバーズ宅急便運賃割引サービス「クロネコメンバー割」開始。
4月 冷凍・冷蔵スペースを柔軟に変えることが出来る新型車輌の導入・運行開始。
5月 第15回物流環境大賞において、自然エネルギーを利用したターミナル施設羽田クロノゲートが「物流環境大賞」を受賞。
12月 京都市での路面電車「嵐電」を活用した宅急便輸送の取り組みが国土交通大臣表彰「平成26年交通関係環境保全優良事業者など大臣表彰」を受賞。
平成27年 2015年 2月 スマーフォンアプリ「クロネコヤマト公式アプリ」をAndroidユーザー向けに提供開始。
3月 日本発台湾向けに「国際クール宅急便」を発売。
3月 「お客さまが知らないうちに信書を送ってしまうリスク」をふせぐために、 3月31日の受付分を持って、クロネコメール便を廃止。
4月 小さな荷物を専用BOXで手軽に送れる「宅急便コンパクト」を発売。
4月 小さな荷物をポストにお届けするサービス「ネコポス」を発売。
4月 カタログ・パンフレットといった販促物などを送れる投函サービス「クロネコDM便」を発売。