日本全国、365日。
私たちは、地域に暮らすお客さまに
誰よりも近い存在として、
一人ひとりの日々に寄り添い、様々なサービスを提供してきました。
それぞれの地域に息づく生活や
ビジネスに向き合うことは、
私たちの使命であり、事業の本質です。
今、私たちは自らに問いかけています。
お客さまに密着しているからこそできるやり方で、
もっと地域の産業に貢献できないか。
暮らしや社会を支えることはできないか。
例えば、地域の商材をお預かりして、
ネットの注文に応じて柔軟に出荷する仕組みで
生産者のビジネスを支援する。
観光客がまたその場所を訪れたくなるように、
地域のビジネスと協業する。
すぐに訪問できる利点と手軽に設置できるIoT家電を組み合わせ、
離れて暮らす家族に安心をご提供する。
様々な運び方にアイデアを掛け合わせ、
「モノを運ぶこと」を超えた、
新たなサービスを生み出し続けようと思うのです。
これからも、地域と共に
成長する存在であり続けるために。
皆さまと同じ「地域に暮らす一員」として、
共に未来をつくる取り組みを行っていきます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

地域の様々な取り組みの
ほんの一例

  • 電球で
    家族の安心
    見守ります

    電球で
    家族の安心
    見守ります

    遠く離れた地域で暮らすご家族の安心を見守る手段として、ハローライト社が提供するIoT電球を使用した見守りサービスを全国で開始しています。電球のON/OFFが一定時間行われないとご家族へ連絡が届く仕組みと、すぐにでも訪問できる配送網の利点を掛け合わせ、訪問指示に応じてスタッフがお宅へお伺いし状況を確認します。

  • 元気づけ
    特産品を
    学生へ

    元気づけ
    特産品を
    学生へ

    坂井市では、コロナ禍で中々帰省できない地元出身の学生を元気づけるために、地元の特産品を送る施策を計画されました。すぐにでも実行したいその想いに応えるため、ふるさと納税返礼品の発送スキームを活用し、煩雑な発送計画を円滑に進行。地元の想いをお届けすることができました。

  • 農家から
    採れたて野菜を
    届けます

    農家から
    採れたて野菜を
    届けます

    長野県軽井沢市の農産物直売施設では、コロナ禍で販路が縮小された地域の農家さまに対し、自治体発の地産地消の売り場づくりを計画。ネットショップ開業サービスと当日配送を組み合わせ、近場のホテルや個人のお客さまのご自宅や別荘へ、当日中にお届けする仕組みづくりを支援しました。

  • 道の駅
    長距離物流の
    中継地

    道の駅
    長距離物流の
    中継地

    北海道開発局では、北海道の強みである食や観光を提供する地域を「生産空間」と名づけ、守り維持していく取組みを行っています。高齢化や人手不足が進む中、「生産空間」の維持には物流が欠かせないため、ヤマトは開発局の旭川開発建設部と共に、道の駅を長距離物流の中継輸送拠点として活用することで、トラックドライバーの負担を軽減する実証実験を行っています。

  • コンシェルジュ
    実はヤマトの
    スタッフです

    コンシェルジュ
    実はヤマトの
    スタッフです

    あまり知られていませんが、実は関東・関西圏の約70棟のマンションのコンシェルジュはヤマトのスタッフです。施設内の設備の予約や近隣施設情報の提供、タクシーの手配やクリーニングの取り次ぎなど、お住まいの皆さまのご要望に対応しながら、もちろん宅急便の発送も受け付けています。ヤマト流のおもてなしをどうぞ。

  • 活性化
    地域と一緒に
    石川県

    活性化
    地域と一緒に
    石川県

    金沢では、地域と一緒に“未来を考える”プロジェクトを実施。例えば「安全」をテーマにした際は、子どもたちの笑顔を守るため、地元警察と子ども安全教室を実施しました。「フードロス」をテーマとした際は、その減少のため賞味期限1ヵ月前の食品を地元のスーパーさまと協力して回収、個食を支援する団体やボランティアにお届け。県内遠方地への輸送や、拠点を活用した食品回収の効率化など、自治体や地元企業と協業することで地域に根差した仕組みを実施しています。

  • 一体感
    中学生と
    つなぐ思い

    一体感
    中学生と
    つなぐ思い

    福島県にある楢葉中学校のキャリア教育の一環として、学生により起業された模擬会社が、特産品のゆずを使用したハンドソープを開発。学生の皆さまの「コロナ禍での感染防止に役立ててほしい」「楢葉張を身近に感じてほしい」との想いから、東日本大震災後に全国へ避難された方を含めた町民全2,950世帯へ配布されることになりました。想いを引き継いで梱包からお手伝いし、大切に運ばせていただきました。

  • 売る人と
    買う人つなぐ
    デジタルで

    売る人と
    買う人つなぐ
    デジタルで

    日本全国を網羅するリアルな物流網と、ライブコマースというデジタルの売り場を掛け合わせることで、様々な生産者と消費者をつなぐプラットフォームづくりに挑戦しています。例えば旬の短い特産の果物や、訳アリで数量限定の逸品など、生産者ご自身が魅力を語り、リアルタイムに購入、迅速かつ確実にお届け。新たな買い物体験を提供していきます。

  • ネコサポが
    街の暮らしを
    快適に

    ネコサポが
    街の暮らしを
    快適に

    ヤマトグループでは、地域住民の方の生活をより豊かにすることを目指す「くらしのサポートサービス ネコサポステーション」を全国6か所で実施しています。団地内や商業施設内などお住まいに近い場所で、「スマホ使い方講座」「コーヒーの入れ方講座」など様々な地域情報の発信や交流、生活をサポートする家事・買物代行などの生活関連サービスや、対象地域内の宅配業者の荷物をまとめてお届けする一括配送などの取り組みなどを自治体や民間企業や地域住民と協力して実施しています。

  • 特産品
    紹介、販売
    お手伝い

    特産品
    紹介、販売
    お手伝い

    長野県観光機構さまが、観光を心待ちにされているお客さまに特産品を紹介・販売する「NAGANOマルシェ」を計画されるにあたり配送を担当するだけでなく、受注管理から販売・配送のデータを繋ぐEC支援サービスで、よりスムーズな運営を支援しています。

    商材をお預かりしてヤマトが一括管理し発送するフルフィルメントサービスも提供しています。
    https://business.
    kuronekoyamato.co.jp/
    promotion/fulfillment/

  • ドローンで
    地域の医療を
    持続する

    ドローンで
    地域の医療を
    持続する

    今後訪れる高齢化や人手不足に対し、持続的な医薬の輸送の実現に向けて、医薬メーカーや卸業、調剤薬局の皆さまと連携した共有網づくりを始めています。その一つとして地域と連携し、山間部の医療施設や個人宅へ医薬や機器をお届けするドローン配送のテストも行っています。

  • 柔軟な
    集荷体制
    梨農家

    柔軟な
    集荷体制
    梨農家

    梨の産地でもある大分県庄内町には、多くの農家さまが点在しています。山間部のため集荷に時間がかかり、これまで通常の宅急便集荷方法ではピーク時のご要望に合わせた集荷ができませんでした。この状況に対して、セールスドライバーが各農家からこまめに集荷を行い、一か所に集約。普段は倉庫間をつないでいる大型トラックのルートを調整し、一括で回収することでピーク時でも安定した集荷が可能になりました。

  • 鹿屋市を
    熱く支える
    サポーター

    鹿屋市を
    熱く支える
    サポーター

    ヤマトには地元に熱い想いを持つ社員の1人に餅原という社員がいます。香港勤務から地元鹿児島へ戻ると、急激な人口減少と少子高齢化が進む状況があり、ヤマトなりの方法で地域に貢献する方法はないかと思案。そこで鹿児島県鹿屋市の特産である農林畜水産物に目を付け、輸出や新たな輸送ルートを模索しながら地域の方々とのつながりを深め、遂には、鹿屋市から企業誘致サポーターに任命されました。現在、企業誘致や物流関連のアドバイスなど、自治体と連携し、地域を元気にするために日々邁進しています。

  • 災害時
    救援物資を
    的確に

    災害時
    救援物資を
    的確に

    全国各地の自治体と約150の連携協定を結んでおり、地域のために協力し合う内容をそれぞれに決定。例えば新潟県三条市では、災害時に全国から届く救援物資等の効率的な配送を行うためのマニュアル作成や、消防署と連携した防災訓練を実施しています。

  • オートロック
    もっと便利に
    受け取りを

    オートロック
    もっと便利に
    受け取りを

    オートロック付きマンションにお住いの方に、もっと気軽に宅配を受け取っていただくために、玄関前などご指定場所へお届けする仕組みづくりに挑戦しています。特定のマンションと連携し、お届けに伺った際にプッシュ通知で事前にお客さまへご連絡、ご確認いただくと一時的に開錠し、ご指定の場所へお届けする仕組みです。一部地域で、お住いの皆さまに認証をいただきつつ実験しています。

  • 街の声
    しっかり活かす
    プログラム

    街の声
    しっかり活かす
    プログラム

    集配を行うセールスドライバーは、お客様から様々なお声がけをいただきます。その貴重なお声を受け止め、よりよいサービスを創造するために、セールスドライバー各々が所持する携帯端末から社内システムへ入力する仕組みを活用しています。お客さまの業務特性や、地域ならではの特性を伺えるのは、地域密着のセールスドライバーだからこそ。これからも皆さまがセールスドライバーと会話いただいた内容を大切にしていきます。

  • 電球で
    家族の安心
    見守ります

    電球で
    家族の安心
    見守ります

    遠く離れた地域で暮らすご家族の安心を見守る手段として、ハローライト社が提供するIoT電球を使用した見守りサービスを全国で開始しています。電球のON/OFFが一定時間行われないとご家族へ連絡が届く仕組みと、すぐにでも訪問できる配送網の利点を掛け合わせ、訪問指示に応じてスタッフがお宅へお伺いし状況を確認します。

  • 特産品
    紹介、販売
    お手伝い

    特産品
    紹介、販売
    お手伝い

    長野県観光機構さまが、観光を心待ちにされているお客さまに特産品を紹介・販売する「NAGANOマルシェ」を計画されるにあたり配送を担当するだけでなく、受注管理から販売・配送のデータを繋ぐEC支援サービスで、よりスムーズな運営を支援しています。

    商材をお預かりしてヤマトが一括管理し発送するフルフィルメントサービスも提供しています。
    https://business.kuronekoyamato.co.jp/promotion/fulfillment/

  • 道の駅
    長距離物流の
    中継地

    道の駅
    長距離物流の
    中継地

    北海道開発局では、北海道の強みである食や観光を提供する地域を「生産空間」と名づけ、守り維持していく取組みを行っています。高齢化や人手不足が進む中、「生産空間」の維持には物流が欠かせないため、ヤマトは開発局の旭川開発建設部と共に、道の駅を長距離物流の中継輸送拠点として活用することで、トラックドライバーの負担を軽減する実証実験を行っています。

  • 鹿屋市を
    熱く支える
    サポーター

    鹿屋市を
    熱く支える
    サポーター

    ヤマトには地元に熱い想いを持つ社員の1人に餅原という社員がいます。香港勤務から地元鹿児島へ戻ると、急激な人口減少と少子高齢化が進む状況があり、ヤマトなりの方法で地域に貢献する方法はないかと思案。そこで鹿児島県鹿屋市の特産である農林畜水産物に目を付け、輸出や新たな輸送ルートを模索しながら地域の方々とのつながりを深め、遂には、鹿屋市から企業誘致サポーターに任命されました。現在、企業誘致や物流関連のアドバイスなど、自治体と連携し、地域を元気にするために日々邁進しています。

  • 一体感
    中学生と
    つなぐ思い

    一体感
    中学生と
    つなぐ思い

    福島県にある楢葉中学校のキャリア教育の一環として、学生により起業された模擬会社が、特産品のゆずを使用したハンドソープを開発。学生の皆さまの「コロナ禍での感染防止に役立ててほしい」「楢葉張を身近に感じてほしい」との想いから、東日本大震災後に全国へ避難された方を含めた町民全2,950世帯へ配布されることになりました。想いを引き継いで梱包からお手伝いし、大切に運ばせていただきました。

  • 街の声
    しっかり活かす
    プログラム

    街の声
    しっかり活かす
    プログラム

    集配を行うセールスドライバーは、お客様から様々なお声がけをいただきます。その貴重なお声を受け止め、よりよいサービスを創造するために、セールスドライバー各々が所持する携帯端末から社内システムへ入力する仕組みを活用しています。お客さまの業務特性や、地域ならではの特性を伺えるのは、地域密着のセールスドライバーだからこそ。これからも皆さまがセールスドライバーと会話いただいた内容を大切にしていきます。

  • ネコサポが
    街の暮らしを
    快適に

    ネコサポが
    街の暮らしを
    快適に

    ヤマトグループでは、地域住民の方の生活をより豊かにすることを目指す「くらしのサポートサービス ネコサポステーション」を全国6か所で実施しています。団地内や商業施設内などお住まいに近い場所で、「スマホ使い方講座」「コーヒーの入れ方講座」など様々な地域情報の発信や交流、生活をサポートする家事・買物代行などの生活関連サービスや、対象地域内の宅配業者の荷物をまとめてお届けする一括配送などの取り組みなどを自治体や民間企業や地域住民と協力して実施しています。

  • 農家から
    採れたて野菜を
    届けます

    農家から
    採れたて野菜を
    届けます

    長野県軽井沢市の農産物直売施設では、コロナ禍で販路が縮小された地域の農家さまに対し、自治体発の地産地消の売り場づくりを計画。ネットショップ開業サービスと当日配送を組み合わせ、近場のホテルや個人のお客さまのご自宅や別荘へ、当日中にお届けする仕組みづくりを支援しました。

  • 柔軟な
    集荷体制
    梨農家

    柔軟な
    集荷体制
    梨農家

    梨の産地でもある大分県庄内町には、多くの農家さまが点在しています。山間部のため集荷に時間がかかり、これまで通常の宅急便集荷方法ではピーク時のご要望に合わせた集荷ができませんでした。この状況に対して、セールスドライバーが各農家からこまめに集荷を行い、一か所に集約。普段は倉庫間をつないでいる大型トラックのルートを調整し、一括で回収することでピーク時でも安定した集荷が可能になりました。

  • 活性化
    地域と一緒に
    石川県

    活性化
    地域と一緒に
    石川県

    金沢では、地域と一緒に“未来を考える”プロジェクトを実施。例えば「安全」をテーマにした際は、子どもたちの笑顔を守るため、地元警察と子ども安全教室を実施しました。「フードロス」をテーマとした際は、その減少のため賞味期限1ヵ月前の食品を地元のスーパーさまと協力して回収、個食を支援する団体やボランティアにお届け。県内遠方地への輸送や、拠点を活用した食品回収の効率化など、自治体や地元企業と協業することで地域に根差した仕組みを実施しています。

  • オートロック
    もっと便利に
    受け取りを

    オートロック
    もっと便利に
    受け取りを

    オートロック付きマンションにお住いの方に、もっと気軽に宅配を受け取っていただくために、玄関前などご指定場所へお届けする仕組みづくりに挑戦しています。特定のマンションと連携し、お届けに伺った際にプッシュ通知で事前にお客さまへご連絡、ご確認いただくと一時的に開錠し、ご指定の場所へお届けする仕組みです。一部地域で、お住いの皆さまに認証をいただきつつ実験しています。

  • 元気づけ
    特産品を
    学生へ

    元気づけ
    特産品を
    学生へ

    坂井市では、コロナ禍で中々帰省できない地元出身の学生を元気づけるために、地元の特産品を送る施策を計画されました。すぐにでも実行したいその想いに応えるため、ふるさと納税返礼品の発送スキームを活用し、煩雑な発送計画を円滑に進行。地元の想いをお届けすることができました。

  • ドローンで
    地域の医療を
    持続する

    ドローンで
    地域の医療を
    持続する

    今後訪れる高齢化や人手不足に対し、持続的な医薬の輸送の実現に向けて、医薬メーカーや卸業、調剤薬局の皆さまと連携した共有網づくりを始めています。その一つとして地域と連携し、山間部の医療施設や個人宅へ医薬や機器をお届けするドローン配送のテストも行っています。

  • コンシェルジュ
    実はヤマトの
    スタッフです

    コンシェルジュ
    実はヤマトの
    スタッフです

    あまり知られていませんが、実は関東・関西圏の約70棟のマンションのコンシェルジュはヤマトのスタッフです。施設内の設備の予約や近隣施設情報の提供、タクシーの手配やクリーニングの取り次ぎなど、お住まいの皆さまのご要望に対応しながら、もちろん宅急便の発送も受け付けています。ヤマト流のおもてなしをどうぞ。

  • 災害時
    救援物資を
    的確に

    災害時
    救援物資を
    的確に

    全国各地の自治体と約150の連携協定を結んでおり、地域のために協力し合う内容をそれぞれに決定。例えば新潟県三条市では、災害時に全国から届く救援物資等の効率的な配送を行うためのマニュアル作成や、消防署と連携した防災訓練を実施しています。

  • 売る人と
    買う人つなぐ
    デジタルで

    売る人と
    買う人つなぐ
    デジタルで

    日本全国を網羅するリアルな物流網と、ライブコマースというデジタルの売り場を掛け合わせることで、様々な生産者と消費者をつなぐプラットフォームづくりに挑戦しています。例えば旬の短い特産の果物や、訳アリで数量限定の逸品など、生産者ご自身が魅力を語り、リアルタイムに購入、迅速かつ確実にお届け。新たな買い物体験を提供していきます。

ヤマト運輸の会社概要はこちら