送り状発行ソフトB2
ヘルプトップ > 操作マニュアル トップ > 操作マニュアル
操作マニュアル
   1.はじめに
   2.B2を起動する
  【1】 起動方法
  【2】 初回起動時の設定について
   3.メインメニュー
   4.送り状を発行する
   5.お届け先マスタを登録する
   6.出荷データを検索する
   7.問合せを行なう
   8.その他の機能
   9.出力帳票
  10.B2を終了する
  11.設定を変更する
  12.その他
  13.データ交換規約
  14.注意事項
>>操作マニュアルトップへ戻る
 
  2.B2を起動する

  【2】初回起動時の設定について

初回起動時のみ、初期設定ウィザードが表示されます。ここでは、 B2の利用を開始するにあたり必要な初期設定を行なっていただきます。初期設定終了後、ログインを行なってください。
 
 
1 1日に出荷される平均の個数を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。 この値をもとに、送り状発行の際に必要な伝票番号を取得します。
  初期設定ウィザード(1/5)
 
ご注意 <ご注意>
 
値が入力できる送り状種類は「発払い」のみとなっております。
宅急便コレクトや宅急便タイムサービスをご利用される場合は、初期設定終了後別途オプションサービスを選択し、ダウンロードを行なってください。
発払いを発送しない場合は、ゼロ値を入力してください。
入力欄に入力できる数値は「0〜5,000」までとなっております。
 
2 B2で使用するプリンタを選択します。送り状発行、及び帳票印刷で使用するプリンタをそれぞ れ選択した後、「次へ」ボタンをクリックします。
  初期設定ウィザード(2/5)
   
 
ポイント <ポイント>
 
レーザープリンタ、及びインクジェットプリンタを使用される場合は、送り状の印字位置 の調整を事前に行なうことができます。「テスト印刷」ボタンをクリックし、印字位置の調 整を行なってください。
 
3 これまでB2(Ver.5.03)やe-CATをご利用されてきたお客様は、各種マスタデータをB2(Ver.6.00)へ移行することができます。
対象のシステムにチェックを入れ、「移行開始」ボタンをクリックします。 移行したい対象データを選択し、移行が完了したら「次へ」ボタンをクリックします。
  初期設定ウィザード(3/5)
 
 
ご注意 <ご注意>
 
「移行開始」ボタンを複数回クリックすると、その回数分だけデータがB2内に移行されて しまいます。「移行開始」ボタンは一回だけクリックしてください。
 
4 B2の動作設定を選択します。希望される設定にそれぞれチェックをつけ、「次へ」ボタンをクリ ックします。
  初期設定ウィザード(4/5)
   
 
ポイント <ポイント>
 
本画面では、以下の動作を設定します。
  〔1〕 データを取込んで送り状を発行する、または一括で送り状を発行する際、発行した送 り状データをマスタデータとして追加登録するかしないか
  〔2〕 B2にデータを取込んだ際、取込まれた結果を全データ分B2の画面上に表示させる か、それとも、エラーとなったデータのみを表示させるか
 
5 B2で送り状を発行した際に蓄積される送り状発行データの保持期間を設定します。希望される期間を設定し、「完了」ボタンをクリックします。
  初期設定ウィザード(5/5)
   
 
ポイント <ポイント>
 
本画面では、以下の期間を設定します。
  〔1〕 送り状発行済みデータの保持期間(90日〜365日)
  〔2〕 送り状未発行データの保持期間(0日〜365日)
 
▲ ページトップへ戻る

© Yamato Transport Co., Ltd. All Rights Reserved.
  ヤマト運輸