• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
第6章 || 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して | 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!
地域の小売店などとの連携して高齢者住宅などに私たちが御届け

地域の小売店などと連携して高齢者住宅などに私たちがお届け

営業所にあるタッチパネル式ネット端末「ネコピット」

営業所にあるタッチパネル式ネット端末
「ネコピット」

人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの

例えば、一人暮らしをする高齢者の方の安否確認を、行政職員やボランティアの方などの代わりに、1日に同じ地域を何度もくまなく配送して回っているヤマト運輸のセールスドライバーが担う。現在のネットワークにサービスを付加するだけですから、大きなコストはかかりません。既に東日本大震災の被災地を含めて、いくつかの自治体との共同トライアルが始まっています。

東北地方では、地方自治体が被災したために、自宅を離れた住民の所在をいまだに把握しきれていないという問題があります。避難所にいるのか、仮設住宅にいるのか、あるいはほかの地域に移ったのか。住民の方々の現住所の把握にはとてつもない手間とコストがかかります。一方、震災で自宅を離れざるを得なかった住民の方々にとっても、故郷の自治体が発信する公共情報を得にくくなっています。

ヤマトグループのネットワークを駆使すれば、地方自治体と、現住所が変わってしまった地元民の方々を結ぶことは十分可能です。自治体が故郷を離れた住民の方に必要な書類を送るのもたやすく代行できます。震災でばらばらになった地方社会をヤマトグループのサービスがつなぐ。これからの私たちの大きな仕事となります。

高齢化と過疎化が進み、高齢者の方々の日々の生活サービスに大きな支障が生じています。とりわけ地方では商店街が寂れていき、徒歩圏内での買い物が困難になっています。自動車が運転できても、いつまでも安全に運転できる保証はありません。

このような社会問題にも、ヤマトグループのサービスが寄与できる分野はたくさんあります。近い将来、地元の商店街やスーパーとヤマトグループとが手を組んで、生鮮食料品や日用品を日々まとめて宅急便でお届けするサービスが当たり前になる時代が必ず来ます。いわば現代版の「御用聞きサービス」です。これにより、買い物困難者の不便を解消するお役に立てるはずです。

こうしたサービスの提供には、ITインフラのさらなる開発が欠かせません。ヤマトグループの営業所には「ネコピット」というネットに接続したタッチパネル式端末が配備されています。このネコピットの進化系端末を、高齢者のご家庭にお配りすれば、パソコンを使えない方でも気軽にネットスーパーの利用が可能となりますし、行政サービスや医療機関のサービスを付加すれば、生活支援のプラットフォームにもなります。

過疎地では、医師不足も深刻です。規制が緩和されれば、医薬品のデリバリーもできます。医療分野に対しては、これから、われわれが相当に貢献できる分野だと考えています。

例えば羽田クロノゲートでは、外科手術に欠かせないインプラントの洗浄や滅菌、保管も担います。そうすれば、国内外どこへでも、必要なところへ、必要なときに手術に必要な機器などを即座にお届けできるからです。

さらに一歩進め、地域活性化を目指すうえで、商店街の衰退化問題にも取り組んでいきたいと考えています。

私たちは、商店街の方々にこんな提案をしています。電子マネーを組み込んだクロネコメンバーズカードを地域通貨として活用する。このカードを使ってキャッシュレスの買い物、商店街での購入商品を指定した時間にまとめて宅急便でお届けすることにより、手ぶらでの買い物を可能にする。各商店のポイント管理やPOS連動による在庫管理など、商店の業務効率化を進める。―アイデアを具体化するのはこれからですが、既に実験が始まっています。

ヤマトグループの強みは、物流技術=LTと金融技術=FTと情報技術=ITとを1つに束ね、総合的なサービス網としてお客様に提供できる点にあります。物流も、金融も、ITもそれぞれのサービスは既にグローバル化が進んでいますが、ヤマトグループではこの3つを1つに束ねてご提供することで、より付加価値の高いサービスを生み出します。多様化し、分散化する時代には必須のサービスになる、と私たちは自負しています。

ヤマトグループは、よい意味で「空気」のように当たり前の、しかし必要不可欠の存在になろうと考えております。個人・企業・行政・地域社会を結びつける、そしてアジアで「DAN-TOTSU」の満足を提供する企業を目指します。

第5章 1 2 3 Next 第6章