• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
第6章 || 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して | 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!
羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービス

羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービス

日本中の個人のご家庭に荷物を届けられるラストワンマイルを網羅するネットワーク

日本中の個人のご家庭に荷物を届けられる
ラストワンマイルを網羅するネットワーク

羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは

私たちヤマトグループは、国内市場においても、物流を軸とする流通サービスの世界に大きな変化をもたらすであろう計画を立てております。世界と日本とを結ぶ新しいサービスを提供する結節点となるロジスティクス基地。それが現在、羽田空港の近くに建設中の「羽田クロノゲート」です。

日本最大級の物流ターミナルになる羽田クロノゲートは、世界と日本、生産者と消費者をつなぎます。あらゆるお客様に新しい付加価値を提供します。

今、海外の商品を輸入し日本の消費者に販売する通信販売ビジネスが成長しています。羽田クロノゲートは、こうしたニーズに最大限応えられる物流サービスが提供できます。通関からクロスドック、マージ、保管、さらには最終製品加工まで行い、宅急便網を活用して個別のお客様に配送できるのです。

また、国内の製造業のお客様が海外から調達した部品を羽田クロノゲートで仕分け、マージして、国内の複数のラインにジャストインタイムで配送できます。国内で部品調達するのと同水準のスピードで、必要な部品を必要な工場にお届けできるようになります。

消費と生産の国際的な分散化の波に対応した、ワンストップ型の総合サービスを具現化する――それが羽田クロノゲートの最大の特徴です。お客様のトータルコストとリードタイムを削減し、最大の価値を提供する。そんな拠点にする所存です。

国内で果たす 物流を超えるサービスとは

「DAN-TOTSU 2019」と「DAN-TOTSU 3か年計画 HOP」には、国内市場でも従来の常識をはるかに超える様々なサービスに関するアイデアが描かれています。

その1つが「プロジェクトG」です。

宅急便は、個人と個人との荷物のやり取りを結ぶCtoCが原点です。そこから企業と個人を結ぶ通信販売事業のようなBtoC、企業と企業の小口物流を仲介するBtoB、さらには、間に企業を挟んで個人間の商品のやり取りをサービスするCtoBtoCという具合に、新しいお客様を「創造」してまいりました。

そんな私たちが今「創造」しようと考えている市場が、GtoCです。Gとは、Government。つまり、政府であり、地方自治体です。「プロジェクトG」とは行政と連携して地域密着型の住民向けサービスのプラットフォームを作ろう、というものです。

なぜ、今「G」なのか? なぜ、ヤマトグループが手がけるのか?

それは震災ではっきり見えた日本の数々の問題からも明らかです。つまり少子高齢化であり、過疎化です。とりわけ地方においては、この2つは深刻な問題として社会にのしかかってきます。

どうすれば、地方の少子高齢化や過疎化に対策を打ち立てられるのか? とりわけ財政状況が厳しい中、福祉など拡大する行政サービスへのニーズにどう応えていくのか?

私たちにはすでに、日本中の個人のご家庭に直接荷物を届けられる宅急便という「ラストワンマイル」を網羅するネットワークがあります。このネットワークを活用し、地元企業とも協業すれば、地方自治体が担っている住民向けサービスの様々なお手伝いができるのではないかと考えております。行政と連携し、新しい地域密着型のプラットフォームを作ることにより、少子高齢化と過疎化が進んでも、みんなが安心して暮らせる地域社会を実現する。その礎となるのがこのプロジェクトGです。

第5章 1 2 3 Next 第6章