• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
第6章 || 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して | 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!

私たちヤマトグループは今、創業100周年となる2019年を目指して大きな経営目標を掲げています。それは、アジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーとなることです。物流の技術(=LT)と、金融の技術(=FT)と、情報の技術(=IT)とを束ね、これまでにないサービスをお客様に提供していきます。

具体的には、「クロネコヤマトの宅急便」をはじめ、日本のお客様に高い評価をいただいているヤマトグループのサービスをアジアに展開し、より多くのお客様に喜んでいただく。少子高齢化が進む日本で、ますますそのニーズが高まる地域や個人に密着した新しいサービスを開発し、社会基盤になって貢献する――それが私たちの目指す未来です。

2011年3月11日に起きた東日本大震災から、もうすぐ1年がたとうとしています。

震災は、日本がこれまで先送りしていた社会構造の大変化という「未来」の問題を、「今」解決しなければならない問題に変えました。すなわち、政府や地方自治体など「公」の財政悪化であり、少子高齢化であり、地方においては過疎化です。

一方、海外に目を向ければ、アジアの新興国を筆頭に、経済はグローバル化の一途をたどっています。あらゆる企業が、そして国家が、世界的な競争にさらされています。

片や国内の問題、片や海外の問題ですが、物流の側面から見ると、共通する点があります。それは、「分散化」の波です。ITの世界では、巨大なコンピューターが中央制御していた時代からパソコンなどパーソナルな端末同士がつながり合う分散型の時代へ、という大きなパラダイムシフトが起きました。物流の世界でも分散化の時代が訪れようとしています。企業社会においては、コストやリスクを考えると、生産拠点や販売拠点を国内はもちろん海外にまで分散化するのが当たり前となりました。消費者のニーズも「多品種少量」の分散化がどんどん進んでいます。

分散化の流れに対応していないと、いざという時にリスクが大きくなります。昨年の震災時には、企業が物流を分散化していなかったために、物流網の回復が遅れ、被災地への物資輸送などが滞る局面がありました。だからこそ「分散化」時代にマッチした柔軟な物流ソリューションが求められているのです。

私たちヤマトグループは、物流の分散化時代において、最良の答えを海外でも国内でも提供できる、と自負しています。個人と個人を結ぶ「宅急便」サービスで日本全国を網の目のようにつないだヤマトグループの物流ネットワークは、コスト面でもサービス面でもリスク面でも最も利用しやすいサービスのはずです。

あの震災で、私たちヤマトグループは改めて学びました。物流こそは、絶対に目詰まりさせてはならない社会と経済の「血管」であり、「シナプス(神経)」であることを。そして、時代や社会の変化に的確に対応しながら、場合によっては予見しながら、物流のプロとして、最新にして最良のロジスティクス・サービスを開発し、お客様に提供すべきことを。

私たちは2011年に長期経営計画「DAN-TOTSU 2019」及び中期経営計画「DAN-TOTSU 3か年計画 HOP」を発表しました。この2つの計画は、2005年に持ち株会社を設立したヤマトグループが、宅急便にとどまらず総合的なロジスティクス・カンパニーに進化するには具体的にどうしたらいいのか、を考え抜いて作られたものです。震災以降、私たちは計画をさらに磨き上げ、冒頭に掲げた創業100周年までの目標としました。

「分散化」時代にふさわしい、ロジスティクス・サービスとは何か? 私たちのグローバルな目標とローカルな目標、それぞれについて説明いたします。

「DAN-TOTSU 3か年計画 HOP」重点項目

「DAN-TOTSU 3か年計画 HOP」重点項目

アジア市場でも確実にシェアを伸ばす宅急便

アジア市場でも確実にシェアを伸ばす宅急便

グローバルでヤマトグループができること

「DAN-TOTSU 2019」と「DAN-TOTSU 3か年計画 HOP」では、「アジア展開の推進」が大きな目標として掲げられています。ご存じの通り、日本国内において宅急便ネットワークは、全国のお客様のお手元に迅速に確実に大切なお荷物をお届けする「ラストワンマイル」のサービスを実現しています。同様のサービスをアジアのお客様に提供するのが私たちの目標です。既に台湾で2000年10月、上海・シンガポールは2010年1月、次いで2011年2月に香港、9月にはマレーシアで宅急便がスタートしました。このネットワークは今、さらにアジア各地に広がろうとしています。

宅急便は、ドア・トゥ・ドアでの翌日配送を保証し、時間帯お届けなどきめ細かなサービスを提供しています。ここまできめ細かなサービスを実現した小口物流サービスは、これまで日本以外のどの国にも存在していません。つまり、私たちにとっては巨大な潜在市場が海外に眠っているとも言えますし、逆に、日本と同水準の宅急便サービスを実現するのは、従業員教育も含め極めて高いハードルが存在するとも言えます。

それでも、グローバル時代に、宅急便も国内だけに閉じこもっているわけにはいきません。日本で成功した宅急便サービスを、アジアのお客様にご利用いただきたい、と私たちは考えているのです。

物流のラストワンマイルを担い、今までにない顧客満足度を創造する。それが私たちの使命です。そのためには一切の妥協はしません。日本における宅急便の品質をアジアスタンダードに、さらにはグローバルスタンダードにするのです。

上海では現地企業とのジョイントベンチャーで宅急便をスタートしましたが、現地のパートナーにはこう励まされました。「日本で宅急便が生んだような生活革命を、ぜひ中国でも起こしてほしい」。

もちろん、単に荷物を届けるだけでは、生活に革命は起きません。かつて、クール宅急便が登場すると、家に生鮮食料品が気軽に届くようになりました。ゴルフ宅急便が登場すると、手ぶらでゴルフに行き帰りできるようになりました。物流サービスで、生活が劇的に変化し、より便利により豊かになりました。これが、私たちの目標とする物流サービスによる「生活革命」です。そんな革命を、アジアでも起こしたいのです。

上海では今、クール宅急便がブームの兆しです。日本と同様、魚介類をふんだんに食し、生鮮食品に対する要求水準が高い上海の人たちにとって、クール宅急便はまさに待ち望んでいた物流サービスでした。ヤマトグループの長年のノウハウがあって初めて実現可能なクール宅急便は、食にこだわる中国の人たちにとって、またとない小口物流の革命となろうとしています。

おかげさまで、宅急便はアジアの各市場で確実にシェアを伸ばしています。アジアの人たちが待ち望んでいたサービスになろうとしている、と私たちは実感しています。経済が発展するほど、個人の消費活動は多様化していきます。宅急便サービスはそんな変化に照準を合わせています。

第5章 1 2 3 Next 第6章