• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
第5章 || 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!

すぐに設置した仮設配達センター

宅急便の復旧自体が被災地を支援する

ヤマトグループ社員たちによる救援物資輸送協力隊

物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ

1つめは「救援物資輸送協力隊」です。すでに記したように、自らも被災者だった複数の社員が、震災数日後には各地域の自治体に出向き、「何か手伝わせてくれ」と自発的に申し入れていました。本社の指示が届く前に、末端の避難所への救援物資の輸送、あるいは集積所での救援物資の在庫・入出庫管理を、物流のプロとして率先してお手伝いしていたのです。

この情報が、本社の対策本部に入ったのは震災から数日後でした。その話を聞いた私は、正直申し上げて、涙が出るくらい嬉しかったことを覚えています。

いざというときにこそ、ヤマトグループの社員は物流のプロとして社会に貢献できる――。被災地でわき上がった社員たちの救援活動をもっと会社全体に、東北全体に広めよう。

そう考えた私は、被災地での社員の取り組みを追認する形で「救援物資輸送協力隊」を組成し、震災から12日目の3月23日、現地に派遣しました。車両を200台集め、ロジスティクスの専門家とドライバー約500名の社員を組織し、救援物資の輸送はじめ、物流全般にわたる支援を半年間続けました。

2つめは、社員によるボランティア活動です。

社内で募集した東北復興のキャッチフレーズ「みんなで一歩前へ」を旗印に、日本全国のヤマトグループの社員と東北の被災地で奮闘する社員たちをつなげるべく、イントラネットで社員たちの東北復興のボランティア活動や経験について情報共有できるようにしました。

さらに、手を挙げた社員にボランティア休暇を与え、全国主要都市から東北の被災地にバスで社員たちを送り込み、瓦礫処理等の作業をお手伝いする、ヤマトグループ挙げてのボランティア活動を実施しています。6月から10月まででのべ1800名超の社員が参加しました。さらに、ベルマーク収集運動や、夏季節電の一環としての「打ち水」活動など、社員一人ひとりのアイデアを活かしながら、活動を継続しています。

宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を

3つめは、宅急便1個につき10円を寄付する取り組みです。

震災発生から2週間後。私は、岩手県の大船渡、陸前高田、宮城県の気仙沼にうかがいました。あのときの光景を私は一生忘れることがないでしょう。道1本へだてて、山側は普通の家並みが広がっているのに、海側はあらゆるものがなぎ倒され、海岸まで荒涼とした景色が広がっています。言葉を失う、とはこういうことか、と初めて知りました。

水産業の盛んな東北地方は、漁協をはじめ水産関係のお客様が多数いらっしゃいます。本当に胸が痛みました。被災した営業所を回り、社員の話を聞き、私は決意しました。生半可なことではけっして復興はできない。

では、ヤマトグループ全体でできることは何か。4月1日午前7時、私がヤマトホールディングス社長に就任する朝に決定したのが、1年間、宅急便1個につき10円を東北の被災地に寄付する継続的支援でした。

私が社長就任挨拶の中で、初めてこの考えを本社社員たちに明らかにしたところ、満場の拍手をもらいました。この日から寄付のスキームの策定にとりかかりました。

企業として一度にまとまった寄付金を出すのは難しくても、1年間コツコツと積み上げていく利益から継続的に支援することはできます。そこで「宅急便1個につき10円」という寄付方法にしました。2011年度の宅急便取扱い個数は約14億個となる見通しなので、年間で約140億円になります。これはヤマトグループの年間純利益にすると約4割を占める金額になりますが、それでもやらなければならないと考えました。

4月7日には、「宅急便1個あたり10円の寄付」を報道発表し、4月11日に新聞広告で公表しました。おかげさまで、大きな反響をいただきました。

第4章 1 2 3 Next 第6章