• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
第4章  || アジアの物流が、宅急便を核に「進化」する!ヤマトグループの国際戦略の今と未来
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!

クール宅急便は日本人の食生活を大きく変えた

1978年に導入した荷物の「追跡システム」を操作する小倉昌男社長(当時)

2つのお客様「荷主」と「受け取り手」のニーズを満たす「宅急便コレクト」は通販市場を支えている

海外と国内を結ぶ物流工場として期待が寄せられている「羽田クロノゲート」

お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場 宅急便コレクトと通販市場

1980年代後半、ヤマト運輸が宅急便に「温度帯別」の配送サービスを付加することでスタートした「クール宅急便」は、生鮮食料品や冷蔵・冷凍品を新鮮なまま送りたい荷主の皆様のニーズを汲んで実現したサービスです。

クール宅急便の普及により、受け取り手である消費者の皆様の食卓や飲食店などのメニューは大幅に変わることになったと自負しております。
クール宅急便普及以前、新鮮なお刺身や魚料理は、一部の高級店のメニューでしたが、各地の生鮮品が低コストでデリバリーできるようになると、たとえば庶民的な居酒屋さんでも、かつての高級店に負けないようなおいしいお刺身や産地直送の野菜料理を提供できるようになりました。

物流サービスの改革は、単に荷主の皆様の利便性を向上させるだけではありません。このように市場やライフスタイルに新しい息吹をもたらすこともできるのです。だからこそ私たちは、常に「2つのお客様」=「荷主と受け取り手」、双方のニーズを最大限満たすためにサービス開発を行っているのです。

宅急便の利便性を上げるさまざまなサービスも、「2つのお客様」のニーズを汲み取って生み出していったものばかりです。
荷主様から受け取った荷物が今どこにあるか、いつ受け取り手の方にお届けできるかを正確にお伝えするためにITで管理する「追跡システム」もそのひとつです。

きっかけは1978年、宅急便がスタートして3年目のことです。まだバーコードが広く普及する前でしたが、いち早くバーコードシステムを導入し、荷主様から預かった荷物を現場でデータ登録し、荷物が今どこを通過しているのか、すぐにわかる「追跡システム」を作りました。これが、ヤマトグループのIT化の第一歩です。

宅急便は、当初より原則「翌日配送」を売り物にしておりました。それまでの郵便小包や小口配送は、荷主様が荷物を送り出した後、受け取り手の方にいつ届くのかがはっきりわかりませんでした。自分が送った荷物がいつ先方に届くのか、自分あてに送られた荷物がいつ手元に届くのか、潜在的に知りたいお客様は数多いはず、と想定し、このシステムを開発したわけです。

現金からクレジットカード、電子マネーまで、受け取り手のお客様の好みの方法で、荷物が届いた時点ですぐ決済できる「宅急便コレクト」も、荷主である企業様と、受け取り手である消費者様の、まさに「2つのお客様」双方のニーズを考えて実現したものです。このサービスをインフラとして飛躍的に成長したのが、通信販売市場でした。

通販利用者様の決済の利便性が飛躍的に向上し、またすぐに精算されることで通販事業者様の資金繰り改善の一助ともなり、80年代に登場した「宅急便コレクト」は、通販業界で広く利用されるようになったのです。

通販ビジネスにおいて、迅速で正確で信頼のおける配送と、お客様を煩わせない柔軟な決済は、事業の成否を決める重要な業務です。
ヤマト運輸が宅急便で荷物を運び、そして決済を代行することで、通販市場は一気に拡大。さらに2000年以降、インターネット時代に突入して、ネット通販市場が台頭し始めると、「宅急便コレクト」は欠かせぬサービスとして企業の間で広く認知されるに至りました。ネット通販は、今や一大市場に成長しましたが、その物流と決済のインフラを支えてきたという自負が私たちにはございます。

お客様志向というのは、攻めのサービスの開発ばかりでなく、事業の安全性にも向けられなければならない、と私たちは考えています。たくさんのトラックを運行させているだけに、常に「安全第一、営業第二」「サービスが先、利益は後」のポリシーで仕事をしていなければ、お客様はもちろん社会に迷惑をかけることになるからです。
絶対に事故を起こさない。そのために何ができるか?私たちは今、配送エリアごとに細かなデータを蓄積し、安全運行に直接役立てています。学校がどこにあるのか、登下校時に注意しなければならない道路はどこか、といった情報をGPSと連動させながら、運行車両にリアルタイムで配信し、事故を未然に防ぐ一助としております。

世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を

宅急便は21世紀を迎えるまでに日本全国を網羅する物流サービスに成長しました。けれども、私たちには未開の市場が残っていました。それは「海外」です。
物流の海外市場には2種類あります。

ひとつは、海外の荷物を日本で受け取り、国内の受け取り手に配送したり、国内の荷物を集荷して海外に送り出したりするサービスを展開すること。

もうひとつは、海外に進出して現地で「宅急便サービス」を展開することです。

前者に関しては、ただ今、国際空港化が進む羽田空港の近隣地区に「羽田クロノゲート」という一大物流基地の建設を計画中です。

単なる物流センターではなく、海外から荷物を取り寄せたクライアント様にとって最善の方法とスピードで物流加工を行い、国内の指定場所に配送したり、逆に海外に商品を出荷されるにあたって必要な加工を施して海外貨物便に載せたりするまでのサービスを一括して行う「物流工場」を目指しています。
企業の海外工場移転が進む中、部品は海外から調達し、組み立ては国内でというケースが増えています。ただし、国内で部品調達から組み立てまでを一貫して行っていたときに比べ、生産工程にばらつきが生じやすくなるおそれがあります。

たとえば、海外から部品調達をする際、出荷用のコンテナが注文された部品でいっぱいになるまで出荷できない、という体制だと、国内でジャストインタイムの生産はできません。その結果、製品の販売機会を失う可能性がありますし、それどころか、部品がまとめて送られてきたときは商機を逸して製品が不良在庫となってしまう可能性もあります。

今構想中の羽田クロノゲートでは、宅急便で蓄積したノウハウとネットワークを活用して、海外から調達した部品を小口で管理し、需要のある国内工場にすばやく配送する、といった流通加工がたやすくできるようになります。

また、海外から届いた商品に日本向けのラベルを貼って、小売店に直送する、といった加工も簡単にできます。
個々人のニーズに究極的に応えてきた宅急便のネットワークは、多品種多頻度少量配送が当たり前となった企業物流のニーズを満たすのに実はうってつけのサービスです。海外と国内とを結ぶ「物流クラウドサービス」として、多くの企業様にご活用いただけるクロノゲート、数年内にオープンの運びです。

第3章 1 2 3 Next 第5章