• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生 || アジアの物流が、宅急便を核に「進化」する!ヤマトグループの国際戦略の今と未来
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!

宅急便の仕組みを社員に説明する
小倉昌男

埼玉県下トップクラスの就労実績を誇るヤマト自立センターで、訓練生を見守る有富相談役。障がいのある人たちが一般企業への就職を目指し熱心に仕事を学ぶ

小倉昌男の哲学は今も脈々とヤマトグループに受け継がれている

「宅急便の次」をつくる体制をいま

オンリーワンのサービスで、潜在ニーズを掘り起こし、ナンバーワンになる。創業期から変わらない考え方で、ヤマトグループはお客様に一番お役に立てるサービスを提供してまいりました。

となれば、次に私たちが考えるべきは「宅急便の次」のサービスとは何か、です。次のオンリーワンサービスを考案し、ナンバーワン商品に育てることで、さらに未来のお客様に貢献できると私たちは信じています。
とはいっても、「宅急便の次」のサービスは、これまでの経営資源の上に、新しい時代に合った新しいビジネスとして誕生するはずです。宅急便も、ヤマト便があったからこそ、創業時の「ヤマトは我なり」の精神があったからこそ、世に出たのですから。

そこで、ヤマトグループでは、ポスト宅急便を開発するための組織構造を整えることにしました。まず、本業の体制を変えました。05年にヤマトホールディングスをつくり、その下に、ヤマト運輸をはじめ事業会社を配したのです。
それまでは、ヤマト運輸という宅急便の会社に、倉庫や引越し、金融を担当する子会社がぶらさがっていましたが、それを止め、1兆円を売り上げる宅急便と、合わせて3000億円のほかの事業とを並べることで、宅急便以外の事業に投資をしやすくし、新事業を育てやすくしようとしたわけです。

ヤマトグループは、2019年には、ノンデリバリーの利益構成比率を、現在の36.7%から、50%に引き上げるつもりです。
17万人のヤマトグループ社員が全員携帯している小冊子に書かれた経営理念にはこうあります。「ヤマトグループは、 社会的インフラとしての宅急便ネットワークの高度化、より便利で快適な生活関連サービスの創造、革新的な物流システムの開発を通じて、豊かな社会の実現に貢献します」
目指しているのは、新しい物流システムの構築だけではなく、それによる豊かな社会の実現なのです。

ヤマトグループのCSRについて

手前味噌ながらヤマトグループは、CSR活動に昔から真摯に取り組んできました。
ヤマトグループでは、10の「企業姿勢」を有しております。社訓、企業理念に続くものです。その5番目には「地域から信頼される企業」とあります。「ヤマトグループは、地域の一員として信頼される事業活動を行うとともに、障がいのある方の自立を願い、応援します」。これは狭義のCSRです。

民間企業であるヤマトグループにできる社会貢献は限られています。今回の震災に伴う、荷物一つ当たり10円の寄付も、政府がつぎ込むお金と比べたら、“たったの”130億円です。でも、ヤマトグループにしてみれば営業収益の約2割、とても大きな金額です。だからこそ、その使い道についてもきっちり考え、実行することまでが本当のCSR活動です。

もうひとつ、ヤマト福祉財団の話をいたしましょう。私自身は現在、この財団の理事長を務めております。もとはといえば、ヤマト運輸の経営の第一線を一切退いた小倉昌男が、障がい者の自立支援を応援すべく私財を投じて1993年に始めた財団です。
全国に約6000カ所ある障がい者作業所の平均賃金は、月額たった1万2000円です。これではとても自立などできません。そこで小倉昌男は障がい者の自立には月収10万円が必要だと主張し、その実現には、作業所の経営改革が必須だ、と説きました。

以来、ヤマト福祉財団では、障がい者が働く作業所を運営している方々が受講できる経営セミナーを毎年開催し、さらに先進的な作業所には集中して助成をすることにしました。いい前例をつくり、達成した人々が分身を育てるようにしてそのやり方を広く伝えていく方が、結果としてはやく全体が底上げされると私たちは考えております。

一見本業と関係ない取り組みも、「世のため、人のため」という志が根底にあり、ひいてはヤマトグループの企業価値を高めるはず、と私は考えます。企業の価値は時価総額ではなく、企業が行うあらゆる活動の総和で決まります。ヤマトグループの事業そのものは、お客様の満足を得ることです。しかしこれだけではビジネスにはなりません。商売が成立すること、社会に貢献できること、以上を両立させて初めて、生き残り続けられるかどうかが決まります。私の考えるヤマトストラテジーとは、これらを両輪として機能させていくことです。

それが、ヤマトグループを成長させ、ヤマトグループの事業を通じて、豊かな社会を実現させるお手伝いになる、そう信じています。

第2章 1 2 3 Next 第4章