• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生 || アジアの物流が、宅急便を核に「進化」する!ヤマトグループの国際戦略の今と未来
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!

手ぶらでスキーに行ける!
スキー宅急便は、消費者の行動を変えた

ゴルフ場にも手ぶらで。ゴルフ宅急便は
物流サービスの常識を変えた

クール宅急便の浸透は、「生鮮品を
直接送る」という新しい市場を生んだ

階段を駆け上がるセールスドライバー

スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす

お客様が思いもつかないオンリーワンのサービスを"発明"し、市場を創造する。物流ビジネスとは、トラックで荷物を運ぶだけ、と思われていた時代に、ヤマト運輸は「宅急便」を核に次々と超・顧客志向のサービスを開発しました。

たとえば、1983年に始めたスキー宅急便は、長野県のとある支店長が発案したものです。
長野では、秋が終わりりんごの発送が終わると、運ぶ荷物が激減していました。物流ニーズがなくなっていたのです。ところがちょうどそのころ、シーズンを迎えたスキー客たちが長野県に大量のスキー荷物を持って移動してくる。支店長は、そのスキーバッグの山を見て、ふと思いました。あの荷物を自分たちが運ぶことはできないか――。このアイデアがスキー宅急便のスタートでした。

長野からのアイデアを汲んだ本社では、当時の運輸省にかけあって荷物のサイズ制限を緩和してもらったり専用のカバーを用意したりして、スキー荷物を行き先のホテルなどに直送するサービスを提供するための仕組みを整えました。
ゴルフ宅急便も、神奈川県厚木の支店から提案があって生まれたサービスです。こちらは周辺にゴルフ場が多い地域です。担当者はゴルフ場のクラブハウスにどさっと並ぶゴルフバッグを見て、ここに商機あり、と思いついたのです。

本社の技術開発力で誕生したサービスもあります。たとえばクール宅急便です。冷蔵冷凍技術の高まりに伴い、温度帯を分けた配送サービスを実現しようと、試行錯誤を繰り返した中、専用車両を開発し、クール宅急便は急速に普及しました。

お荷物をお届けすると同時に代金をお客様から回収する「宅急便コレクト」も本社からのアイデアで定着したサービスのひとつです。もともと大手百貨店と取引のあったヤマト運輸では、仕立てたスーツをお客様のお手元にお届けして代金を回収する、という現在の宅急便コレクトのプロトタイプにあたるビジネスを行っていました。このサービスと宅急便を合体させることで生まれた宅急便コレクトは、90年代以降急激に成長した市場を下支えしました。それは、TVやインターネットを介した通販ビジネス市場です。通販に宅配便サービスは欠かせません。となると最後はお支払いです。商品の宅配をヤマト運輸に任せていただければ、料金回収もスムーズにできるわけです。

物流サービスは、普段目につきにくい。でも、物流サービスの革新は、市場や社会を大きく変える力を持っています。宅急便を核としたこれらの新サービスは、単に新しい物流商品を世に出しただけにとどまりません。

スキー宅急便やゴルフ宅急便はレジャーにおける消費者の行動を変えました。現在、大きな荷物は事前に現地に送り、身軽に移動するのが当たり前となりました。
クール宅急便は、食の世界を変えました。北海道や九州でその日にとれた生鮮食料品がすぐにレストランや居酒屋に並ぶようになったのです。格安居酒屋で新鮮なお刺身が注文できるようになったのは、クール宅急便が普及した90年代に入ってからです。世界を見渡しても、クール宅急便のような個人が手軽に利用できる革新的な物流サービスが普及したのは日本だけといっても過言ではありません。
いまや7兆円市場に成長しようという通販ビジネスも、宅急便コレクトの普及と成長の歩調を合わせています。

物流はまさに社会のインフラです。そのインフラの分野で革新的なサービスが生まれれば、社会全体、経済全体に大きな変化をもたらすことができるのです。

考える現場、セールスドライバーの源流には「ヤマトは我なり」

宅急便をバリエーション豊かな総合物流サービスに発展できた背景には、「セールスドライバー」という新しい"仕事"を創ったことにあります。実際に荷物を運び、届け、注文を取る顧客の接点となるセールスドライバーの質こそが、宅急便の商品価値を左右するといっても過言ではありません。
ただ荷物を運ぶだけではなく、注文を取り、荷主様からの荷物をお届け先に笑顔でそしてもちろん正確に迅速に丁寧に運ぶ。宅急便は、このセールスドライバーという「仕事」を小倉昌男が同時に"発明"したことで成立しました。

荷物をA地点からB地点に運べば仕事はおしまい。これがかつての物流業のドライバーのスタンスでした。小倉昌男はこのスタンスを変えようと試みました。自分たちは荷主様に成り代わって受取手に一番喜ばれるかたちで荷物をお届けするサービス業なんだ、というスタンスに。それを具現化するのがセールスドライバーという業務形態です。ゆえに採用に際しても、同業のトラック運転手よりも、営業経験のある人間を優先的に採用しました。
そもそも、全国をくまなくネットワークする宅急便の場合、本社が指図しなければいけない「マニュアル型」の人材では、お客様のニーズに合ったサービスを提供することは不可能です。権限と責任を現場に移管し、ドライバー自らが自分で考え、常に最善の道を選ぶ――そんな「考える現場」が実現して初めて、宅急便は完成します。つまり、本社も現場も一体となって考え、動く「全員経営」です。

ヤマトグループの場合、「全員経営」の根は創業時からありました。社訓の第一に「ヤマトは我なり」とあるのです。まさに全員経営の精神を表した言葉です。第二に「運送行為は委託者の意思の延長と知るべし」とあります。社員は一人ひとりが、どうすれば、お客様にもっと満足していただけるかを考えようということです。
まとめましょう。

1. すべては顧客のために。
2. そのために用意する商品/サービスは、常に「オンリーワンからナンバーワンへ」。
3. その商品/サービス=宅急便を具現化するのは、「全員経営」を体現するセールスドライバー。

以上、ヤマトストラテジーのコンセプトを貫き続けてきたからこそ、いまのヤマトグループがあります。震災時に自らも被災した社員が自主的に考え、行動し、地域が求めているサービスをどう実現するかを念頭に独自で動いたのも、このコンセプトにゆるぎがなかったからです。

第2章 1 2 3 Next 第4章