• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります || アジアの物流が、宅急便を核に「進化」する!ヤマトグループの国際戦略の今と未来
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!

京福電車との共同配送事業。トラックの代わりに電車で荷物を運ぶ

震災と津波で被災した宮城県石巻市渡波センターでも、10日後には配送サービスを再開した

電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!

現在、あらゆる企業にとって一番の共通課題のひとつは環境への対応です。物流業の場合、多くの自動車を利用するだけに環境対応への取り組みは、ほかの業種以上に厳しく問われます。

京都では、路面電車が宅急便を運ぶ

ヤマトグループでは、京都で、路面電車の京福電鉄と共同で宅急便の輸送に電車を使う取り組みをスタートしました。京都はご存知の通り、道が狭く、混雑が激しい日本屈指の観光都市です。その意味で物流サービスにおいてはハードルの高い地域です。一方、環境問題においては、地球温暖化防止を目標とした京都議定書が採択された地であり、その意味でも世界的に注目を集める街です。
そんな京都で、二酸化炭素(CO)排出ゼロの公共交通機関を使い、環境に負荷をかけない宅急便の実現を目指そう、というのが私たちの目標です。

羽田クロノゲートも徹底した環境対応の基地に育てていくつもりです。予定地は住宅街に隣接しているだけに、環境への配慮が必要です。そこで私たちが構想しているのは、クロノゲートを地元の方々の憩いの場となり、生き物のにぎわいの場ともなる「和の里」という側面を持たせることです。敷地内には雑木林が茂る緑地を設け、近隣の方々に自由に散歩していただけるようにします。
私たちは、京福電車と共同して宅急便配送をスタートした京都嵐山地区と、羽田クロノゲートの予定地周辺の羽田地区とで、ゼロエミッション輸送を試みることにしました。すでに全国で採用されているリヤカー付きの電動アシスト自転車「新スリーター」や台車による配送、さらに最近導入を決めた電気自動車などを徹底活用していきます。

私たちは民間企業ですが、同時にあらゆる方の物流ニーズにお応えするインフラビジネスの担い手であり、社会的存在であると自負しています。本業のサービスのみならず、あらゆるかたちで、「ヤマトグループが近くにいてくれて良かった」と言っていただける存在でありたいと思っています。

震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から

ヤマトグループの特徴は、企業向けの物流サービスも、国際物流も、すべては個人のお客様のニーズを先取りし、個人のお客様に喜んで使っていただく宅急便のサービスが基盤となっている点です。
企業間物流をBtoBと呼び、企業と個人を結ぶ物流をBtoCと呼びますが、これはあくまで便宜上のものです。

ヤマトグループの仕事の基本は、地域のお客様一人ひとりから大切なお荷物を預かり、一人ひとりのお客様へ荷物を届けること。宅配からさらに進んで個配へ。究極の個人対応サービスこそが、企業の、地域の、社会の、世界のお役に立つサービスにもなる。それが私たちの信念です。

今回の東日本大震災では、私たちの営業所も大きな打撃を受けました。けれども現場のセールスドライバーたちはすぐに自ら立ち上がりました。
「ヤマトは我なり」。
私たちが毎日唱和している創業以来の企業精神のもと、物資がなくて困っている方々のために何ができるか、それぞれが自分で考え行動しました。本社の指示がなくても、自律的に動く。まさに「全員経営」の魂で、社会に不可欠な物流の復旧を行いました。現場のセールスドライバーたちの尽力もあり、震災発生の3月11日から10日後には、東北の被災地で宅急便の取り扱いを再開しました。

私たちは、一人ひとりのセールスドライバーのこの力を誇りに思っております。そして、いまの日本の復興にすこしでもお役に立ちたい、と考えております。個人から企業まで。地域から海外まで。あらゆる物流ニーズに、ひとりのお客様、ひとつの荷物に対するように、親身でお応えするサービス。私たちはその実現を目指します。

第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える! 1 2 3 Next 第3章