• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります || アジアの物流が、宅急便を核に「進化」する!ヤマトグループの国際戦略の今と未来
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!

羽田クロノゲートの完成予想図

羽田クロノゲートには「森」を作り、和の里として近郊住民の方々の憩いの場所を提供する

コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!

私たちは、海外と国内をつなぐ最大規模の物流拠点を建設中です。その名は「羽田クロノゲート」。2010年、32年ぶりに国際空港化した羽田空港の隣接地になります。羽田クロノゲートは、単なる物流中継基地ではありません。さまざまな流通加工を行い、瞬時に個別配送が可能なフロー型の拠点です。いわば、ロジスティクスの加工工場です。なぜ、いま羽田にロジスティクスの基地を設けるのか?

まず、市場環境の変化があります。経済のグローバル化はますます進み、生産の視点でも消費の視点でも国内と海外に境目がなくなりつつあります。とりわけアジア経済の成長と日本との関わり合いは、中国を中心にこれまでにないスピードで拡大しています。グローバル化は、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が締結され、加盟国の貿易自由化が進めば、ますます拍車がかかります。
ならば、国内と海外をつなぐ物流サービス拠点は、日本にとって、そして世界にとっても、経済インフラとして必須の存在となります。そこで私たちは考えました。まず、日本も含めたアジアを、生産面でも消費面でも一つの経済圏としてとらえよう。そしてこのアジア経済圏ナンバーワンの物流ソリューションプロバイダーを目指して、改めて日本の国際玄関となった羽田に、海外からの荷物、そして海外へ向かう荷物を一挙に扱う国際物流のサービス拠点を創ろう、と。それが、この羽田クロノゲート構想です。

羽田クロノゲートには、海外から到着し日本各地に送られる荷物と、日本各地から集荷され、海外へ運ばれる荷物の両方が入荷します。それぞれの荷物は、所定の流通加工を施され、仕分けされ、すばやく目的地へと向かいます。付加価値を高めながらコストを下げ、時間を短縮できる物流拠点。それが羽田クロノゲートの思想です。
たとえば、次々と入荷する荷物にさまざまな流通加工サービスを付加することで、荷主の皆様に、より迅速で確実なロジスティクスをお届けすることができます。具体的には、海外から輸入した化粧品や食品などの国内向けのラベル貼りといった流通加工をここで行い、そのままダイレクトにお店や顧客に送ることができるわけです。

物流拠点で、流通加工が瞬時に可能となるヤマトグローバルダイレクト

羽田クロノゲートのオープン前からすでに既存の物流拠点で展開しているサービスをご紹介しましょう。それが「ヤマトグローバルダイレクト」です。

ある企業が、海外から切り花を買いつけて、国内の花市場で売るとします。これまでは、まとめて輸入された切り花は、いったんその企業が指定した倉庫に入り、荷さばきをされ、その後市場に卸されたり全国のフラワーショップに届けられたりしました。
ただし、切り花は鮮度が命であり、流通経路が長くなるほど廃棄率が高くなり、コストがかさみ、販売機会を相対的に失う商品です。
どうすればコストを抑え、販売機会を失わずにすむか。それは物流の時間を短縮するしかありません。そこでヤマトグローバルダイレクトの出番です。海外であらかじめ宅急便の送り状を貼り付けて国内に輸送してきた花がそのままヤマト運輸のセンターに運ばれ、取引先の全国のフラワーショップに届けられるのです。配送経路と時間を大幅短縮できるためスピード化による販売機会を増やせると同時に、国内仕分け用の倉庫が不要となるためコストダウンを実現できます。

ヤマトグローバルダイレクトのような総合的なロジスティクスサービスは、さまざまな企業の物流ニーズに応えられます。調達物流にも、製品物流にも、海外への配送にも、国内への配送にも、従来の物流センターでは考えられない、付加価値をお客様に提供いたします。
すでに大きく展開しつつあるヤマトグループのグローバル戦略。羽田クロノゲートは、その最前線基地となる予定です。

第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える! 1 2 3 Next 第3章