• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
個人も企業も社会もつなぐ。 物流は世のため人のためのインフラです
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!
クール宅急便の仕組みを活用し、生鮮品をご家庭にいち早く届け、その場ですぐに決済できる、ヤマトのネットスーパー支援事業

クール宅急便の仕組みを活用し、生鮮品をご家庭にいち早く届け、その場ですぐに決済できる、ヤマトのネットスーパー支援事業

個人のお客様ニーズに最大限応えてきたからこそ、企業様のニーズにも細やかに応えられます

個人のお客様ニーズに最大限応えてきたからこそ、企業様のニーズにも細やかに応えられます

リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス

企業物流のお手伝いでもうひとつ、宅急便サービスの企業利用で新しい市場を構築できる事例をご紹介しましょう。ネットスーパーでの宅急便サービス利用です。現在、総合スーパーから地方スーパーまで店舗を持つ小売店が、地域のお客様向けにネットスーパー事業を展開し、商品の宅配サービスを進めています。
少子高齢化が進み、買い物に出かけるのが困難な高齢者の方、介護につきっきりなどの理由で家を空けられない方が増えています。また共働きで買い物に出る時間のない方もいらっしゃいます。また今回の震災では、店舗までアクセスが困難な方が多数いらっしゃいました。今後、生鮮食料品や日用品の分野でも、宅配サービスを利用するケースは増えていくでしょう。
ただし、多くの小売店ではお客様への配送に関して自社配送体制を利用しているために、販売地域も限定されておりますし、配送サービス水準の向上にも限界が生じています。

ヤマトでは、地方のスーパーマーケットのネットスーパーをサポートする事業をスタートしました。あらゆる個人に商品をお届けできる宅急便のネットワークを利用することで、コストを抑えながら、当日配送が可能となります。しかも、すべてのトラックに冷凍冷蔵設備があるため、スーパーでの買い物に不可欠な生鮮食料品の注文にも簡単に応じられます。クール宅急便を長年手がけてきたから実現できるサービスです。宅急便のネットワークを物流版クラウドとしてご利用いただくことで、こうした地域単位での細かな企業の物流ニーズにも迅速かつきわめて細かに応えることが可能なのです。

地域を支えるインフラとして、
ヤマトグループが果たす役割とは

今回の震災の際、東北地方で最初に復旧を遂げたスーパーは、地域に密着した地元店でした。輸送の大動脈が断たれた中にあって、地域の品物を地域の人々に届ける日頃の調達体制が功を奏したわけです。地域の小売店には地域を支える重要な役割があります。
私たちヤマトは、そんな地域経済の物流をひとつひとつ支援できる存在でありたい、と思っています。

年間約13億個を配達することで築きあげてきたラストワンマイルまでつなぐ宅急便ネットワーク。17万人の社員、4万5000台のトラック、全国4000か所の営業拠点、IT、FTシステムなど有形無形の資産――。以上を今後プラットフォーム化し、物流版クラウドサービスとしてご利用いただける体制を整え、地域特性や顧客ニーズに徹底的にカスタマイズすることで、より多くの企業様や自治体の方々にご活用いただきたいと考えております。
現在、企業物流サービスを展開していくと必然的に求められるのは、サービスの国際化です。グローバリゼーションまっただなかの今、国内のみで完結する事業はむしろ少数派。企業間物流はもちろん、通販など企業と個人の取引でも海外から日本へ、あるいは日本から海外へ、という国際物流が伴うケースは少なくありません。

次回は、ヤマトグループの海外展開についてお話しいたします。

第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える! 1 2 3 Next 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります