• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
個人も企業も社会もつなぐ。 物流は世のため人のためのインフラです
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!
BtoBの企業物流サービスを請け負うヤマトグループのJITBOXチャーター便トラック

BtoBの企業物流サービスを請け負うヤマトグループのJITBOXチャーター便トラック

現金、クレジットカードに加え、交通系電子マネーを含むほとんどの電子マネーに対応した「玄関先電子マネー決済」

現金、クレジットカードに加え、交通系電子マネーを含むほとんどの電子マネーに対応した「玄関先電子マネー決済」

物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!

企業物流の世界では、発送元から送り先を専用の配送体制でつなぐのが主流です。工場への部品納入のようなBtoBの企業間物流はもちろん、大手スーパーが地域で個人向けに宅配サービスを行うBtoCの物流の際も、専用車が物流を担うケースが大半です。
専用の配送体制はとても効率的ですが、弱点もあります。配送体制にトラブルが生じたとき、サービスの復旧が著しく遅れる恐れがあるのです。実際、今回の東日本大震災では企業物流の多くが分断され、生産や供給が長期間ストップする事態が起きました。送り主と受け手を1本の物流で結ぶと、効率と引き換えにリスクが生じるのです。

そこで、私たちは、すでにある宅急便の全国配送網を、いわば物流版のクラウドサービスとして企業の方々にご提供しよう、と考えています。
企業が自社で物流体制を構築したり更新しようとすると大変なコストと労力が必要となりますが、毛細血管のように隅々まで届くヤマトの宅急便ネットワークをいわば物流版のクラウドサービスとみなして、ご活用いただければ、コストを抑えつつリスクを低減できます。しかも、自社の環境やニーズの変化に応じて、いつでも最適・最新の状態の物流サービスを柔軟にご活用いただけます。

すでに実施しているケースを紹介しましょう。
インターネットの発達と相まって、通販市場は成長の一途をたどっております。通販には宅配サービスは欠かせませんが、個人のお客様の要求がさらに高度化しており、通販事業者がすべて対応することは非常に大変なことです。
宅配サービスの質は無店舗販売の通販事業において大切な「商品の一部」です。なるべく早く、しかもお客様の希望する時間、場所へ荷物を届ければ、お客様が利便性を実感して次回も利用してくださる可能性が高くなるからです。供給者側のサプライチェーンの都合だけでなく、お客様の立場に立ったディマンドチェーンの発想に立てば、宅配サービスの優劣はそのまま商品の付加価値となることがわかります。お客様に荷物を直接お渡しするラストワンマイル。ここでのサービスの品質向上が次のビジネスにつながります。

BtoCの通販からBtoBの部品調達まで対応できる

そこで、宅急便を活用した私たちの企業向け物流サービスの登場です。
通販事業と顧客を結ぶBtoCのロジスティクス業務配送を請け負うと、たとえば深夜のテレビ通販番組で注文した商品が、翌朝には自宅に届けられます。通販商品の在庫をヤマトのハブターミナルに併設された物流センターに置くことで、配送に関わるリードタイムを最短4時間に短縮し、注文されたお客様にいち早く商品を届けることで、通販業者様のサービスの差別化を支援いたします。
お客様の受け取りに関しても、受け取る方のご都合に合わせ、時間帯だけでなく、コンビニエンスストアなど受取場所をご指定いただけるサービスを用意しました。決済方法についても、現金、クレジットカードに加え、交通系電子マネーを含むほとんどの電子マネーに対応した「玄関先電子マネー決済」を提供しています。

ヤマトが得意とするロジスティクス=LTを、情報技術=ITと柔軟な決済システム=FTと組み合わせ、総合的な物流クラウドサービスを企業のお客様に提供する。それがヤマトの企業物流サービスです。

宅急便を開始した当初から、私たちは、直接のお客様である送り手の方の配送ニーズに応えると同時に、「宅急便タイムサービス」、「時間帯お届けサービス」あるいは「メール通知サービス」のように、受け取られる方の利便性を高めることで同業他社との明確な差別化を図ってきました。深夜に注文した商品が翌朝届く、あるいは午前中に頼んだものが当日届く即日配送サービス=TSS(Today Shopping Service)も、まさにその発想から生まれたものです。TSSは、通販のような消費者向け企業サービスのみならず、企業間物流でも大きな力を発揮します。

たとえば、部品などの調達物流の場合。多品種少量生産が当たり前となった今、部品在庫はなるべく持たず、市場の製品ニーズをにらみながら、徹底的に効率よく製造現場に必要な数の部品を瞬時に配送する、というのが調達物流の共通命題です。
それから、メーカーや卸から小売店への商品納品物流の場合。小売店では、常に売れ筋の商品を効率よく店頭に供給し、経営効率を上げながら、販売機会を失わないための商品調達が求められています。
どちらの場合も、ジャストインタイムの調達が課題です。ところが、実際には、多くの企業が、この課題を達成できていません。専用車を使った定期配送体制には、突発的なトラブルなどに即時対応しにくい側面があるからです。せっかくIT投資を行って精緻な需要予測をしても、物流が柔軟に対応しない限り、市場のニーズに即応した部品調達も製品供給も困難です。

こうした調達物流の分野でも、ヤマトのTSSは大きな力を発揮します。
急に製品の生産数を増やさなければ市場のニーズに対応できないとき、部品の調達をおまかせいただければ、まさに1日以内に部品を必要な工場にお届けでき、市場での販売機会の損失を防ぐことができます。商品の店頭配送もいうに及ばず、です。
私たちのお客様は直接運賃を払っていただく荷主の方だけではありません。荷物の受け手の方のニーズをも常にサービスに織り込んでいく。このコンセプトで宅急便は発展してまいりました。企業物流でもその姿勢は変わりません。送り手と受け手、双方のニーズを最大限に実現する。企業物流分野でも私たちはこの精神でサービス開発を行います。

第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える! 1 2 3 Next 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります