• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
Photo Image
個人も企業も社会もつなぐ。 物流は世のため人のためのインフラです
宅急便をご存知ない方はこちらをクリック!

2011年3月11日。
東北地方の太平洋岸の多くが深刻な被害を受け、物流が寸断された。
そんな中、注目を集めた企業がある。
「クロネコヤマトの宅急便」で知られるヤマトグループだ。
自らも被災した現地社員たちがすぐに立ち上がり、燃料を調達し、がれきの中を縫うように走り、家庭へ、避難所へ、自治体へ、荷物を、救援物資を、運んだ。
10日後、東北地方の宅急便ネットワークは復活した。

「宅急便」というオンリーワンのサービスが、全国をくまなくネットワークするナンバーワンの事業になったとき、日本中がお客様となった。だから止めない、どんなときでもサービスを。根底にあるのは、「すべては顧客のために」という思想。
この「顧客」とは、ヤマトグループの直接のお客様である「荷主」のことばかりではない。その「荷主」にとってのお客様である荷物の「受け取り手、」つまり、物流のエンドユーザーの利便を徹底的に考え抜き、商品化する。「宅急便」はそうやって生まれた。まずは「サービスが先、利益は後」。だからあらゆるユーザーにとって最善の物流サービスを届けられる。

これが、ヤマトストラテジーだ。
そのヤマトグループが今、2つの分野でサービスを拡大する。

ヤマト運輸社長 山内雅喜氏

まず、エンドユーザーのニーズを考え抜いてきたヤマトグループが、ノンストップの宅急便ネットワークを基盤に、「企業物流サービス」の世界を大きく変える。

そして、世界に比類なき宅急便という究極のサービスを展開してきたヤマトグループが、アジアの物流の常識を大きく変える。
宅急便のネットワークが、物流版のクラウドサービスとして企業の物流に革命をもたらし、アジア市場に新しい物流のスタンダードをもたらす。

そんなヤマトストラテジーの
「今」を、ヤマト運輸社長山内雅喜に、
「源流」を、ヤマトホールディングス相談役の有富慶二に、
「発展」を、ヤマトホールディングス会長の瀬戸薫に、
「明日」を、ヤマトホールディングス社長の木川眞に、聞く。

日本全国を宅急便のネットワークが網羅した

日本全国を宅急便のネットワークが網羅した

1976年。「クロネコヤマトの宅急便」がこの世に誕生いたしました。
以来今日まで、ヤマト運輸は、日本全国の個人のお客様のニーズを「宅急便」で結んできました。
日本をひとつの体に例えるならば、宅急便のネットワークは、毛細血管のように網の目のごとく日本中に張り巡らされています。そのネットワークを担うのは、お客様と直に接し、単に荷物を運ぶだけでなく、営業したり、お客様のご注文をお聞きしたり、代金の回収まで行う、5万5000人のセールスドライバーです。
セールスドライバーは、いわゆる「トラック運転手」ではありません、荷物を運ぶ営業マン、営業ウーマンです。しかも彼ら彼女らが顔を合わせるのは、直接のお客様である荷主様だけではなく、その荷主様の「お客様」である荷物を受け取る方々です。

私たちは、クール宅急便やゴルフ、スキー宅急便のように、荷主の皆様のニーズに応えるサービスはもちろん、荷物を受け取る方のニーズにも徹底的にこだわって、宅急便サービスを進化させてきました。時間帯お届けや通販商品などを商品のお届けと同時に決済できるコレクトサービスなどがそうです。
その結果、宅急便のサービスとネットワークはあらゆるお客様のニーズに対応できるようになったと自負しております。
荷物の送り手である荷主様だけでなく、荷物の受け手のニーズまでを意識した徹底した顧客志向と、サービスと安全を最優先にした経営方針、それを具現化するのに不可欠な現場とトップが一体となった「全員経営」。
これが「ヤマトストラテジー」です。このストラテジーをもとに、宅急便で築いたサービスを、個人のお客様のみならず、企業のお客様、そしてアジアを足掛かりに世界中のお客様に利用いただけるよう、今挑戦を続けています。企業向け物流サービス、そして宅急便を含めた海外での物流サービスに、ヤマトグループは力を入れていきます。

宅急便の物流ターミナルに併設された企業向けの物流倉庫

宅急便の物流ターミナルに併設された企業向けの物流倉庫

上海にも宅急便が上陸。アジアにも宅急便のネットワークが広がりつつある

上海にも宅急便が上陸。アジアにも宅急便のネットワークが広がりつつある

第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える! 1 1 1 Next 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります