• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
Photo Image
宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ

セールスドライバー

セールスドライバーという言葉をご存じでしょうか?

たぶんご存知ないと思います。なぜならば、これは1976年にヤマトグループが「宅急便」をスタートしたときに創った、新しい業務形態だからです。そして、このセールスドライバーが、宅急便という小口配送サービスの要となっています。現在、日本国内で働くヤマトグループのセールスドライバーは約5万5000人です。

では、セールスドライバーとはどんな仕事をするのか?

かつての小口配送サービスや郵便などの配達員が行うのは荷物の配送が中心でした。一方、宅急便のセールスドライバーが行う仕事は多岐に渡ります。自分の担当する地域のお客様に自ら車両を運転して荷物を配送するのはもちろん、宅急便サービスに関するあらゆる質問に応え、通販商品の場合は決済業務を行い、その場で新しい荷物の配送を請け負う営業も行うのです。

「宅急便」を支えるセールスドライバーは、いわば物流ビジネスにおける寿司職人です。なぜ配送業務のみならず、営業までを担わせるのか?それは、セールスドライバーたちが、毎日2つのお客様、荷主と受け取り手、双方と顔を合わせているからです。

地域密着型のサービスですから、顔なじみのお客様もたくさんできます。誰よりも現場を知る人間が、営業を行い、お客様のニーズをくみ取って、新規事業につなげる――。宅急便がさまざまなサービスを生み出せる背景には、セールスドライバーの存在があるのです。

ひとりで何役もこなすヤマトグループのセールスドライバーは全員が正社員。同じユニフォームを身につけ、礼儀正しくお客様に向き合います。常に笑顔で、親切丁寧な応対をします。このお客様この地域にとって、自分こそがヤマトグループそのものなのだ、という自覚と自信を持って、毎日の業務に当たり、ときには本社に対して新規サービスを提案します。

スキー宅急便が普及するまで、スキー客が重い荷物を背負って電車に乗り、駅の階段を上り下りする姿は冬の風物詩でしたが、とても負担のかかる行為でもありました>現場のセールスドライバーが新しいサービスを開発した事例として『スキー宅急便』があります。スキー板やスキーブーツを宅急便でスキー場近くの宿泊地へ送り、電車で身軽に移動したいというお客様の要望に応えたものです。

スキー客の苦労する姿を見て、新しいサービスを思い付いたのは、スキー観光地として有名な長野地方の支店でした。

長野は、りんごの栽培で有名な地域で、秋の収穫期になると、ヤマトグループのセールスドライバーは、たくさんのりんごを農家から全国へ配送します。この、りんごの収穫期が終わり冬になって雪が降ると、運ぶ荷物が激減していました。

荷物が減ってしまう冬の長野の物流需要。埋め合わせるには何を運べばいいのだろう? セールスドライバーたちは、りんご畑のすぐ近くにあるスキー場に目をつけ、重いスキー用品を抱えているスキー客の姿にヒントを得ました。自宅からスキー場まで、ヤマトが代行して運ぶサービスを実現すれば、きっと喜ばれる。かくして誕生したスキー宅急便。いまではスキーはもちろんゴルフなど、遠方でのレジャーに宅急便サービスは欠かせない存在となっています。

ドライバーでありながら、営業マンであり、商品開発者でもある。ゆえに、地域に密着して最高のサービスを常にお客さまに届けることができる。潜在ニーズを探り出し、次なるサービスを開発できる。セールスドライバーこそが、宅急便の強みを支えているのです。

2 Back 1 2 3 4 5 6 7 Next 第1章