• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
Photo Image
宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ

クール宅急便とはなんですか?

送り手である荷主のニーズのみならず、荷物の受け取り手の潜在ニーズを汲み取ってきた「クロネコヤマトの宅急便」の新規サービスは、社会を変え、新しい市場を生むきっかけをつくりました。

「クール宅急便」もそのひとつです。

ご存知の通り、日本では元々寿司や刺身のように魚を生で食す文化があります。ただし、かつて漁港で水揚げされたとれたての魚を、新鮮な状態でお店や食卓に届けることは困難でした。風味を損なうのを覚悟して、冷凍状態で輸送するしかありませんでした。

魚だけではありません。野菜にしろ、果物にしろ、温度が上がったら痛んでしまう生鮮食料品はたくさんあります。かくして、生鮮食料品は生産地や漁獲地の近くでしか本来の味を楽しめない、というのが相場でした。

一方、日本にはお中元お歳暮という、宅配サービスを活用した贈答文化があります。もし、冷蔵状態で生鮮食料品を輸送できれば、国内のどこでも、新鮮なお刺身や野菜を頂くことができます。御贈答品として、鮮魚や果物などを送ることもできます。

生鮮食料品や冷凍食品を、最適の温度で素早くどこにでもお届けする――。この発想から1988年に誕生したのが、クール宅急便です。温度帯は2種類。冷蔵便は10℃以下、冷凍便はマイナス15℃以下で運びます。全国の各配送拠点には、専用の冷凍冷蔵設備を用意し、冷凍冷蔵庫を積んだ専用車両やコールドボックスと呼ばれる専用の輸送コンテナを配備しました。

クール宅急便の登場で、日本の食の現場は一変しました。

たとえば北海道で水揚げされた魚が、翌日には新鮮な状態で1000キロ離れた東京の居酒屋や家庭の食卓で、刺身として食されるのが当たり前になりました。クール宅急便が誕生する以前、高級寿司店でなければ食べられなかったようなネタが、鮮度を保ったまま回転寿司店で供されるようになりました。

山菜やキノコのように、都市部のレストランで食べることが困難だった食材が、当たり前のようにスーパーに並ぶようになりました。中元や歳暮で、産地直送の魚介類やアイスクリームなどを選ぶのが当たり前になりました。

食の分野だけではありません。切り花も、クール宅急便の発達により新鮮なまま配送が可能になったために、切り花の通販市場が誕生しました。

生鮮品を、新鮮なまま、どこにでも気軽にローコストで届けられる――。こうした小口配送便は世界でも類を見ません。クール宅急便がみなさまの国に普及すれば、食の世界ががらりと変わります。新鮮な食材を気軽にどこででも。クール宅急便が提供するのは、単なる温度帯サービスだけではありません。新しい食文化もふくめて、なのです。

2 Back 1 2 3 4 5 6 7 Next 第1章