• 宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ
  • 第1章 ヤマトグループが今、企業物流の常識を変える!
    • 物流版クラウド! 宅急便ネットワークが、企業物流を根本から変える!
    • リアル小売店の商圏を何倍にも広げる!ネットスーパー・サポート・サービス
  • 第2章 宅急便ネットワークがアジアに広がります
    • 台湾で上海でシンガポールで香港で ヤマト品質の宅急便が世界へ
    • コストと時間を短縮できる荷主のための物流拠点「羽田クロノゲート」オープン!
    • 電車で運ぶ「地球にやさしい」宅急便が京都に登場!
    • 震災で見えた!ヤマトのサービスは個人も企業も海外も1人のお客様との対話から
  • 第3章 ヤマトストラテジーの源流 宅急便の誕生
    • オンリーワンにしてナンバーワンは、戦前の路線便事業「ヤマト便」から始まった
    • スキー、ゴルフ、クール、コレクト――宅急便の新サービスが、食文化の変化や通販市場の拡大をもたらす
    • 「宅急便の次」をつくる体制をいま
  • 第4章『顧客創造』経営は、進化を止めない
    • 2つのお客様のために――荷主と受け取り手、双方のニーズで新サービス
    • お客様思考の追及は市場と社会を変える クール宅急便と食の市場/コレクトサービスと通販市場
    • 世界を目指す 羽田クロノゲートで国際物流の出入り口を
    • 宅急便よ、アジアへ羽ばたけ
  • 第5章 危機のときこそ、顧客のために、社会のために〜ヤマトストラテジーの魂〜東日本大震災の復興支援 ヤマトグループだからできることがある
    • 震災直後ヤマトグループが行ったこと
    • 物流のプロとして、一人の人間として、被災地へ
    • 宅急便1個10円の寄付で、東北の産業復興を
    • 見える支援、速い支援、効果の高いの支援を目指し助成先を決定
    • クロネコヤマトのDNA
  • 第6章 個人と企業と社会をつなぐプラットフォームを目指して 日本、そしてアジアのお客様の豊かな生活を実現するアジアNo.1の流通・生活支援ソリューションプロバイダーへ
    • グローバルでヤマトグループができること
    • 羽田クロノゲートが果たす、ロジスティクス・サービスとは
    • 国内で果たす 物流を超えるサービスとは
    • 人と人を結びつけるネットワーク ヤマトグループが目指すもの
第1章/第2章 第3章 第4章 第5章/第6章
ヤマトホールディングス
ヤマトグループのビジネスソリューション紹介はこちら
ヤマト運輸のホームページはこちら
YAMATO STRATEGY | 物流で日本と世界の未来を創る ヤマトグループの現在、歴史、そして明日
Photo Image
宅急便・ヤマトグループをご存知ない方へ | What's 宅急便 What's ヤマトグループ

宅急便とは、なんでしょう?

「クロネコヤマトの宅急便」は、個人のお客さまの荷物を個人のお届け先に運ぶ小口宅配事業として1976年にスタートしました。いまでは、日本国内をくまなく網羅し、年間約14億個の荷物を運ぶ日本最大の小口物流サービスとなりました。

宅急便は、年中無休365日体制で、荷主であるお客様の玄関口から受け取り手であるお客様の玄関口まで、原則翌日配送体制で御届けします。

小口宅配サービスは、各国にいろいろなかたちで存在します。ただし、「クロネコヤマトの宅急便」は、既存の郵便小包や従来の宅配サービスとは、根本的に違うサービスです。どこが違うのでしょうか? それは、なんといっても、お客様についての考え方です。

「クロネコヤマトの宅急便」は、2つのお客様を念頭に置いて開発された商品です。2つのお客様とは誰と誰のことか? 既存の宅配サービスにおける「お客様」とは、配送料金を私ども事業者にお支払いいただく荷物の送り手である「荷主」のことです。郵便小包にしても普通の小口配送サービスにしても、お客様といえば、荷主を指します。

けれども、私たちヤマトグループでは、宅配サービスにはもう1つのお客様がいらっしゃることに着目しました。つまり、荷物を受け取る方のことです。

私ども事業者にとって、荷物の受け手は、配送料金をお支払いいただくわけではありませんから、たしかに直接のお客様ではありません。

しかし考えてみてください。宅配サービスにおいて、お客様がよりきめ細かなサービスを求めたくなるのは、荷物を送るとき以上に受け取るときです。

荷物を届ける時間を指定できる「時間帯お届けサービス」、冷蔵状態で生鮮品などを運ぶ「クール宅急便」、通販商品を購入されたお客様が玄関先で支払い方法を自由に選べる「宅急便コレクト」など、「宅急便」サービスの多くは、送り手以上に受け手の潜在ニーズに応えることで、世に出たものです。

時間帯お届けサービスがどうやって世に出たか、ご説明いたしましょう。

物流事業者にとって、常に悩みの種が受け手の方が必ずご在宅とは限らないということです。留守の場合は、再配達になり、受け手にとっても私ども事業者にとっても、手間とコストと両面で負担が増します。

そこで私どもが考えたのが、時間帯お届けサービスです。荷主である送り手側が受け取り手の都合を勘案して、何時頃に届ければ受け取れるか、配送伝票に記入し、指定時間帯にお届けします。万が一、それでも留守の場合は、受け取り手の方にお届け時間のリクエストをいただいて、再配達します。

この時間帯お届けサービス。実は海外の宅配サービスでも似た内容のものがあるのですが、基本的に有料です。ヤマトグループでは、この時間帯サービスを導入当初から今に至るまで、無料で行っています。時間帯をご指定いただき、確実に一回で配送できたほうが配送効率も格段に上がります。お客様のニーズに応えられるばかりでなく、私どもにもメリットがあるのです。

私たちの直接のお客様である荷主の方にとってみれば、荷物の受け取り手は大切な「お客様」。受け取り手のご都合を考えたサービスを実現して潜在ニーズを満たすことができれば、直接のお客様である荷主の方の満足度も高まりますし、受け取り手の方が、今度は荷主すなわち直接のお客様としてサービスをご利用いただける機会も増えるはずです。

荷主と受け取り手、2つのお客様のニーズを最大限に満たすことで、通販をはじめとする事業者の物流ニーズにも柔軟に応えることができました。荷物を送り出すときも、受け取るときも、最大の顧客満足度を。これこそが「クロネコヤマトの宅急便」の特徴であり、常に目指すべき、目標なのです。

2 Back 1 2 3 4 5 6 7 Next 第1章