文字の大きさを選ぶ

  • サイズ:中
  • サイズ:大
  • サイズ:特大

閉じる

言語を選択する


路線バスで宅急便を輸送する客貨混載を実施。バス路線の維持へ。

  • 教育・環境
  • 生活基盤整備
課題

過疎化や高齢化が進む中山間地域の宮古市の住民にとって、通院や買い物などに利用する路線バスなどの公共交通ネットワークの重要性が高まる一方で、交通業界では乗客数の減少などから路線網の維持が困難になるケースが増えてきており、路線網を維持するための生産性向上が課題となっています。物流業界においても、長距離トラックのドライバー不足などから物流網の維持が困難になるケースが増えてきており、物流網を維持するための物流の効率化が課題となっていました。

取り組み

路線バスで宅急便を輸送する客貨混載を実施。路線バスの空きスペースで宅急便を輸送することで、新たな資金源が確保され、バス路線網の維持につながります。地域住民にとっては、路線バスが安定的に利用できることで、病院やスーパーなどの施設へアクセスでき、生活基盤の維持・向上につながります。詳しくはこちら

この取り組みに関わった会社
自治体サイトを見る

お問い合わせはこちら

電話によるお問い合わせ

フリーダイヤル0120-01オーイ-9625クロネコ

固定電話専用受付時間:8:00 ~ 21:00(年中無休)

各地域の担当者がご用件をおうかがいいたします。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

webからの資料請求・
お問い合わせ

各地域の担当セールスドライバーが資料をお届けします。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

同一地域の取り組み事例