このページの先頭です

クロネコメンバーズ規約

このクロネコメンバーズ規約(以下「本規約」といいます。)は、ヤマト運輸株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するクロネコメンバーズサービスを第1条に定めるクロネコメンバーズが利用するにあたり適用され、当社は、クロネコメンバーズサービスの利用をもって、クロネコメンバーズが本規約を承認したものとみなします。


また、当社は、本規約とは別に、クロネコメンバーズサービスの各種サービス毎に個別規約を定め、又は当社ホームページ上への掲載もしくは書面その他の媒体によりクロネコメンバーズサービスの利用上の決まりその他の告知(以下総称して「個別規約等」といいます。)を行うことがあります。


この場合、個別規約等は本規約の一部を構成するものとし、クロネコメンバーズサービスの各種サービスの利用には、個別規約等の規定が適用されます。


ただし、本規約と個別規約等の定めが異なる場合には、個別規約等の定めが本規約に優先して適用されるものとします。

第1条(定義)

 
本規約における用語の定義は、次のとおりとします。
(1)
「クロネコメンバーズ」とは、次条に従い、当社所定の方法による会員登録を正常に完了し、かつ、当社がクロネコメンバーズサービスの利用を承認した者をいいます(以下「会員」といいます。)。
(2)
「クロネコメンバーズサービス」とは、当社が提供する、第19条に定める個別規約に基づき提供する各種サービスの総称をいいます(以下「本サービス」といいます。)。
(3)
「クロネコメンバーズカード」とは、会員に対して当社が発行する、本サービスを利用するための当社所定のカードをいいます。
(4)
「ネコピット等」とは、当社が直営店等に設置する端末機器その他当社指定の端末機器をいいます。

第2条(会員登録)

 
本サービスの利用を希望する場合、本規約の内容を理解し、これを承認した上で、当社所定の入会申込書にて入会の申込みを行うか、又は、その他当社所定の方法による入会のための登録を正常に完了し、本サービスの利用のために必要な情報を当社に登録するものとします(以下「会員登録」といい、登録された情報を「会員情報」といいます。)。
ただし、当社が指定する本サービスの利用にあたり、追加で会員情報の登録が必要となる場合があります。詳細は、個別規約等をご確認ください。
2.
当社は、前項に定める会員登録を正常に完了し、当社が本サービスの会員として入会を認めた者に対し、本サービスの利用資格(以下「会員資格」といいます。)を認め、会員のID(以下「クロネコID」といいます。)を付与します。なお、当社は、会員情報の内容が虚偽である場合、又は、虚偽のおそれがあると当社が判断した場合、もしくは、相当の理由により会員として不適切であると当社が判断した場合は、会員登録又は本サービスの提供を拒否することができます。
3.
前項に関し、同一の者は複数のクロネコIDを取得することはできないものとします。ただし、当社が特に認めた場合についてはこの限りではなく、この場合、特に定めのない限り、それぞれ別の会員として取扱われます。
4.
会員は、会員情報に変更があった場合は、速やかに当社所定の方法により変更の手続き(以下「会員情報変更手続き」といいます。)を行うものとし、当社は、当該変更手続きが行われなかったことにより、会員が不利益を被ったとしても、何らの責任を負わないものとします。なお、当社は、会員情報変更手続きが適切に行われない場合は、会員登録又は本サービスの提供を拒否することができます。

第3条(クロネコメンバーズカード)

 
当社は、当社所定の条件を満たした会員に対して、会員本人にクロネコメンバーズカードを発行することがあります。クロネコメンバーズカードは、会員本人以外は使用できません。
2.
会員は、クロネコメンバーズカードの偽造、変造、改ざんその他の不正な方法による使用をすることはできません。
3.
当社は、会員がクロネコメンバーズカードの紛失、盗難、汚損、破損等の理由により、当社所定の方法によりクロネコメンバーズカードの再発行を申し込む場合は、当社がこれを認めた場合に限り、当該クロネコメンバーズカードを再発行するものとします。 なお、汚損、破損等の場合は、会員は、当該汚損、破損等をしたクロネコメンバーズカードを当社に提出するものとします。
4.
当社は、クロネコメンバーズカードの紛失、盗難、汚損、破損等による損害に関し、前項に定める再発行を行うほかは、当社に故意又は重大な過失がある場合を除き、一切その責任を負わないものとします。

第4条(クロネコID及びパスワード等の管理)

 
会員は、クロネコID及びパスワード(以下「パスワード等」といいます。)を、自己の責任において、厳重に管理するものとします。
2.
当社は、会員本人以外がパスワード等を使用して行った行為についても、会員本人の行為とみなします。
3.
会員は、パスワード等を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。
4.
パスワード等の管理不備、使用上の過誤、第三者の不正使用等が原因で会員が被った損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
5.
会員は、パスワード等を第三者に知られた場合、もしくは第三者によって不正に使用されている疑いのある場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社の指示がある場合にはこれに従うものとします。
6.
当社は、本サービスの運用上又は技術上必要であると判断した場合、会員の承諾を得て、会員のパスワード等を変更することができるものとします。ただし、緊急を要する場合等は、会員の承諾を要しないものとし、この場合、当社は、変更後速やかに、変更したパスワード等を当該会員に通知するものとします。

第5条(禁止事項等)

 
会員は、次の各号に掲げる行為を行ってはならないものとします。
(1)
公序良俗に反する行為
(2)
法令に反する行為
(3)
犯罪的行為を助長する行為
(4)
他の会員又は第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権を侵害する行為及び財産、信用、名誉、プライバシーを侵害する行為
(5)
他の会員又は第三者に不利益を与える行為
(6)
本サービスの運営を妨げ、又は当社の信用を毀損する行為
(7)
他人を欺くことを目的とした、虚偽や事実と異なる情報の登録やなりすまし行為
(8)
クロネコメンバーズカード及びパスワード等を不正に使用する行為
(9)
本サービスを営利目的で利用する行為
(10)
本サービス(本サービスにおいて提供される情報を含みます。)を不正利用する行為
(11)
クロネコメンバーズカードを偽造又は変造する行為
(12)
事実と異なる会員情報を当社に登録する行為(最初の会員登録の後、会員情報に変更があった場合において、合理的な期間内に会員情報変更手続きが行われない場合を含みます。)
(13)
本規約に違反する行為
(14)
その他当社が不適切と判断する行為

第6条(退会及び会員資格の喪失等)

 
会員は、当社所定の手続きを行うことにより、退会できるものとします。この場合、会員は、退会手続完了と同時に会員資格を喪失し、本サービスを利用できなくなります。
2.
前項の規定にかかわらず、当社は、会員が前条各号のいずれかに掲げる行為に該当する場合には、当社の判断により、会員資格を取り消すことができるものとします。
3.
当社は、会員がその責に帰すべき事由により過去に本サービスの会員資格を失効されていることが判明したとき、又は、当社が提供する他のサービスにおいて当社の判断により、会員資格を取り消すことができるものとします。
4.
当社は、会員に対して何らの通知をすることなく、かつその理由を開示することなく、前二項の処分を行うことができるものとします。
5.
当社は、会員登録後、又は、本サービスの最終利用日から1年を経過しても本サービスを利用しなかった場合、会員資格を失効させることができるものとします。
6.
本条の規定により、退会及び会員資格を喪失した場合の会員情報は、利用されなくなってから一定期間経過後に消去又は破棄されます。

第7条(保証の否認及び免責)

 
当社は、次の各号に掲げる事項について、一切の保証を行うものではありません。
(1)
本サービスのサービス内容が会員の要求に合致すること
(2)
本サービスが中断されないこと
(3)
本サービスがタイムリーに提供されること
(4)
本サービスにおいていかなるエラーも発生しないこと
(5)
本サービスにより提供される情報が有益、正確又は信頼できるものであること
(6)
本サービスにいかなる瑕疵もないこと
(7)
会員が本サービスを利用して行った行為が会員の特定の目的に適合すること
2.
当社は、会員による本サービスの利用に起因し又は関連して、会員のコンピュータ等の通信機器及び保存データ等(以下「機器等」といいます。)に損害が発生した場合、又は機器等の不具合等により本サービスが適切に利用できない場合に発生した不利益又は損害について、一切の責任を負わないものとします。
3.
本サービスの提供にあたり、当社が会員に対して負う責任は、会員が支障なく本サービスを利用できるように善良なる管理者の注意をもって本サービスを運営することに限られるものとし、本サービスの遅延、変更、中断、中止もしくは廃止その他本サービスに関連して発生した損害については、当社に故意又は重大な過失がない限り、当社は一切の責任を負わないものとします。

第8条(会員の責任範囲)

 
会員は、自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスの利用、本サービスを利用してなされた行為及びその結果について、一切の責任を負うものとします。
2.
会員は、本サービスの利用に際し、他の会員又は第三者に対して損害を与えたときは、自己の責任と負担において当該損害を賠償するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
3.
会員は、本規約に反する行為、又は不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合は、自己の責任と負担において当該損害を当社に対し賠償するものとします。

第9条(本サービスの内容変更及び廃止等)

 
当社は、会員への事前の通知なしに本サービスの内容や名称を変更することができるものとします。また、この場合に、会員に不利益又は損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
2.
当社は、会員に事前に通知することにより、本サービスを停止又は廃止することができるものとします。ただし、会員への通知は、当社ホームページ上で公表する方法等によるものとします。また、この場合、会員に不利益又は損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

第10条(本サービスの一時的な中断)

 
当社は、次の各号のいずれかの事由が生じた場合は、会員への事前の通知なしに本サービスの提供を一時的に中断することができるものとします。また、この場合に、会員に不利益又は損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
(1)
本サービスを提供するための設備等の保守、点検、修理等を定期的に、又は緊急に行う場合
(2)
火災・停電等により、本サービスの提供ができなくなった場合
(3)
天変地異、戦争、内乱、暴動その他の不可抗力により、本サービスの提供ができなくなった場合
(4)
その他運用上又は技術上、本サービスの提供の一時的な中断が必要であると判断した場合

第11条(会員情報の取扱い)

 
当社は、会員情報を、本サービスを提供する目的及び次の各号に掲げる目的により利用することができるものとします。
(1)
当社運送サービスにかかる事業、その他当社の事業に関するアンケートや広告等の情報の配信のため
(2)
新商品・サービスの研究や開発を目的とする市場調査やデータ分析のため
(3)
ダイレクトメールの発送等、商品・サービスに関するご案内のため
(4)
会員資格の有無の確認のため
(5)
その他当社と会員の取引を適切かつ円滑に遂行するため
2.
当社は会員情報を第三者に開示する場合は、必ず事前に当該会員の同意を得るものとします。ただし、当社は会員を特定できない形態に加工した情報については、これを自由に利用し、又は第三者に開示することができるものとします。
3.
当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、関係法令に反しない範囲で、会員の同意なしに、会員情報を開示することがあります。
(1)
会員が第三者に不利益を及ぼすと判断した場合
(2)
国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合で、会員の同意を得ることによりその事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
(3)
裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センター又はこれらに準じた権限を有する機関から、開示を求められた場合
(4)
法令により開示又は提供が許容されている場合
(5)
その他本サービスを維持するために必要であると当社が合理的な理由により判断した場合
4.
当社が、本サービス提供のために必要な範囲内において、会員情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、当該委託先は、前項に定める第三者に該当しないものとします。

第12条(個人情報の取扱い)

 
会員が個人事業主である場合など、会員情報に含まれる「個人情報の保護に関する法律第2条第1項」に規定する個人情報、又は、個人ユーザーにかかる個人情報は、当社が別途定める「個人情報のお取り扱いについて」に従って取り扱われます。「個人情報のお取り扱いについて」の詳細は、当社ホームページをご確認下さい。

第13条(通知の到達)

 
当社が、会員に対して書面、電子メール等の方法により通知を行う場合には、当社は登録された会員情報の住所、電子メールアドレス宛に通知を発送すれば足りるものとし、当該通知の到達が遅延し、又は、到達しなかった場合においても、当社は通常到達するであろう時に到達したものとみなします。

第14条(業務委託)

 
当社は、本規約に基づく、本サービスの運営、管理等について、業務の一部を第三者に委託することができるものとします。

第15条(著作権等)

 
本サービス及びその内容の一切に関する著作権、その他の知的財産権等は当社に帰属するものとします。

第16条(反社会的勢力に関する条項)

 
会員は、第1号のいずれかに該当し、もしくは第2号のいずれかに該当する行為をし、又は第1号に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、本サービスの提供が停止され、又は会員資格を取り消されても異議を申し立てないこと、また、これにより会員に損害が生じた場合でも、一切を会員の責任とすることに同意するものとします。
(1)
会員は、会員登録の申込みにあたり、現在、次のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
  • [1]暴力団、暴力団員、暴力団関係者その他の反社会的勢力(以下「暴力団等」といいます。)
  • [2]次のいずれかに該当する者
    • (ア)暴力団等が経営を支配し、又は実質的に関与していると認められる関係を有すること
    • (イ)不当に暴力団等を利用していると認められる関係を有すること
    • (ウ)暴力団等に対して資金を提供し、又は便宜を供与するなど関与していると認められる関係を有すること
    • (エ)役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団等と社会的に非難されるべき関係を有すること
(2)
自ら又は第三者を利用して次に該当する行為を行わないことを確約します。
  • [1]暴力的な要求行為
  • [2]法的な責任を超えた不当な要求行為
  • [3]取引に関して脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
  • [4]風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
  • [5]その他以上の行為に準ずる行為

第17条(準拠法)

 
本規約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。

第18条(管轄裁判所)

 
会員は、本規約に基づく取引に関して、当社との間に紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属裁判所とすることを異議なく承諾するものとします。

第19条(個別規約)

 
以下の個別規約を定めるものとします。なお、当該個別規約は、本規約の一部を構成するものとします。

第20条(電子マネーに関する特約)

 
会員が、当社が提携する株式会社セブン・カードサービス、株式会社三井住友銀行、イオン株式会社(以下総称して「提携会社」といいます。)がそれぞれ運営する電子マネー「nanaco」、「楽天Edy」、「WAON」(以下総称して「提携電子マネー」といいます。)のうちいずれか一つと当社が運営する電子マネー「クロネコメンバー割」(以下「クロネコメンバー割」といいます。)の機能の両方を備えたクロネコメンバーズカード(以下、総称して「電子マネー付クロネコメンバーズカード」といいます。また、第3項に定める提携電子マネー約款においては、提携会社の定義によります。)の交付を受ける場合には、前条までの規定のほか、本条が適用され、当社所定の会員情報の追加登録が必要となる場合があります。
2.
当社は、電子マネー付クロネコメンバーズカードを発行する際は(本条第5項に定める再発行を含みます。)、当社所定の方法により、当社所定の手数料を、会員から申し受けることができるものとします。
3.
第1項に定める提携電子マネーの利用に関しては、提携会社が定める次の各号に掲げる規約、約款等(以下「提携電子マネー約款」といいます。)が適用されます。また、提携電子マネーに関するサービス(以下「提携電子マネーサービス」といいます。)は、提携会社が提携電子マネー約款に基づき提供するサービスであり、クロネコメンバーズサービスには含まれません。
(1)
株式会社セブン・カードサービス(nanaco):新しいウィンドウが開きます「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」
(2)
株式会社三井住友銀行(楽天Edy):新しいウィンドウが開きます「楽天Edyサービス利用約款(Edyカード用)」
(3)
イオン株式会社(WAON):新しいウィンドウが開きます「WAON利用約款」
4.
第1項に定めるクロネコメンバー割の利用に関しては、当社が別途定める「クロネコメンバー割利用規約」(以下「クロネコメンバー割規約」といいます。)が適用されます。また、クロネコメンバー割はクロネコメンバーズサービスの一つです。
5.
会員が、電子マネー付クロネコメンバーズカードを紛失、盗難、破損、汚損等した場合の当該カードの再発行に関する手続きについては、それぞれ第3条が適用されます。ただし、これに伴う提携電子マネーサービスの使用停止措置、提携電子マネーの残高に関する取扱等については、提携電子マネー約款の定めに、またクロネコメンバー割については、クロネコメンバー割規約によるものとします。
6.
提携電子マネーサービスは、会員が、退会、会員資格の取消等によりクロネコメンバーズサービスにかかる会員資格を喪失し、又はクロネコメンバーズサービスが終了した場合、当該提携会社の定める提携電子マネー約款に特に定めのない限り、当該提携電子マネー約款に定める規定に基づき、継続されるものとします。また、クロネコメンバー割については、クロネコメンバー割規約に定めるとおりとします。
7.
当社は、本規約に定める場合を除き、電子マネー付クロネコメンバーズカード又は提携電子マネーもしくはクロネコメンバー割を利用することができなかったことにより会員に生じた損害等については、当社に故意又は重大な過失がない限り、その責任を負わないものとします。

第21条(他社IDとの連携に関する特約)

 
会員は本サービスを利用するにあたり、当社所定の方法により、当社が連携する企業(以下「連携企業」といいます。)が運営する会員制サービスにおいて当該会員に付与されたID及びパスワード(以下総称して「他社ID等」といいます。)を使用して、インターネット等の本サービスの専用サイト(以下「クロネコメンバーズサイト」といいます。)にログインすることができます。
2.
会員は、他社ID等を使用してクロネコメンバーズサイトにログインする場合は、クロネコIDと他社ID等を連携させるための当社所定の手続き(以下「ID連携手続き」といいます。)を行うものとします。
また、ID連携手続きにかかる事項については、当社ホームページ上への掲載もしくは書面その他の媒体に定めるものとし、会員は、当該規定の内容を理解し、これを承認した上で、ID連携手続きを行うものとします。
3.
クロネコメンバーズサイトにおいて第2条に定める会員登録を行う場合、当社所定の方法により、連携企業が運営する会員制サービスにおける会員情報(以下「他社会員情報」といいます。)を、クロネコメンバーズサイトの本サービスの会員登録画面に連携すること(以下「会員登録情報連携」といいます。)ができます。
4.
会員登録情報連携を希望する者は、他社会員情報が当社に提供されることを予め承認し、また、会員登録情報連携にかかる事項に関する当社ホームページ上への掲載もしくは書面その他の媒体に定める規定の内容を理解し、これを承認した上で、会員登録情報連携を行うものとします。
5.
会員は、他社ID等及び他社会員情報の登録・管理等を自己の責任において行うものとします。
6.
会員の他社ID等及び他社会員情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用により、会員又は第三者に損害が生じた場合、会員が一切の責任を負うものとし、当社は、一切責任を負いません。また、当社に損害が生じた場合は、会員は当該損害を当社に対し賠償するものとします。

付則:本規約は、平成19年11月15日から実施します。
付則:一部改定 平成20年8月4日
付則:一部改定 平成23年10月31日
付則:一部改定 平成24年6月18日
付則:一部改定 平成26年4月21日
付則:一部改定 平成27年4月1日
付則:一部改定 平成28年3月24日
付則:一部改定 平成29年10月30日