このページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
ここからヘッダーメニューです
全国に広がるネットワークを活かして、自治体や企業と連携し、地域の課題解決に取り組んでいます。

ピックアップ事例

  • 買宮崎県 西米良村
  • 高知県 大豊町

取り込み

  • 買い物サポート
  • 産物販売サポート(道の駅)
  • 観光サポート
  • 見守りサポート
  • 産物販売サポート(海外)
  • 外国人観光サポート
  • イベント運営サポート
  • ふるさと納税サポート
  • 客貨混載の取り組み
  • 緊急支援物資輸送

高宮崎県「西米良村―西都市」では、路線バスによって宅急便を輸送しています。

西米良村―西都市フォト
西米良村―西都市フォト

西米良村―西都市フォト

村の人々が安心して暮らせるように、路線バスを維持していきたい。
宮崎県の山間部に位置し、過疎化と高齢化が進む西米良村。ここでヤマト運輸は、宮崎交通と自治体と連携し、西米良村と集配センターのある西都市との荷物輸送に、路線バスを活用する試みを始めました。この取り組みは、バス会社の新たな収入源となり、路線バスの維持に貢献することができます。またヤマト運輸にとっても、片道1時間半かかる「西米良村―西都市」間を一日2往復していたのが、1往復で済むようになりました。そのため村に滞在できる時間がふえ、「もっと遅くに荷物を出したい」「配達時間を変更したい」などの要望にも、きめ細かく応えることができるようになりました。

宮崎交通路線バスを使った「客貨混載」の仕組み
宮崎交通路線バスを使った「客貨混載」の仕組み

「客貨混載」を取り上げた新聞広告を掲載しました。
クリックで拡大

新聞広告

高知県大豊町では、行政、商工会、地元商店と連携して買い物の支援と高齢者の見守りを行っています。

<取り組み紹介>

<現地の方のインタビュー>


大豊町フォト

この町に住みつづけられる安心を、届けたい。
人口約4000人、2人に1人が65歳以上という高齢化が進む高知県大豊町。過疎化によって商店も少なくなり、商店のない集落ではタクシーで中心部まで出かけ、買い物をするお年寄りもいました。日常の買い物さえ難しくなる中、始まったのが「おおとよ宅配サービス」です。地元の商店に午前11時までに電話かFAXで注文すると、ヤマト運輸が当日の夕方までに商品を自宅にお届け。配達の際、もしお客さまの健康状態に不安を感じれば、すぐに役場に連絡します。このサービスは行政、商工会、地元商店と連携することで実現しました。また町の商店を利用することで、地域活性化につなげています。

「おおとよ宅配サービス」の仕組み
「おおとよ宅配サービス」の仕組み

「おおとよ宅配サービス」を取り上げた新聞広告を掲載しました。
クリックで拡大

「おおとよ宅配サービス」を取り上げた新聞広告

地域の課題はさまざまです。自治体や企業と協業することで、支援の幅も広がっています。

買い物サポート

課題
  • ○人口減少、高齢化の進行
  • ○交通機関の減少
  • ○スーパーなど商店が遠い
  • ○日々の買い物に困る方が多い
  • ○地元商店の収入減少傾向

▼

岩手県西和賀町の場合

社会福祉協議会が、ご利用者からお買物の注文を
取りまとめます。注文情報を地元スーパーに連携し、
当日中に集荷、お届けしています。配達の際に、
高齢者の健康状態などを確認し、社会福祉協議会へ報告します。

買い物サポートスキーム図
ご相談はこちらから

見守りサポート

課題
  • ○人口減少、高齢化の進行
  • ○ひとり暮らしの高齢者の増加
  • ○自治体だけでは訪問しきれない
  • ○民生委員のなり手不足

▼

青森県黒石市の場合

黒石市の刊行物を担当ドライバーが宅急便で配達し、
配達先のお元気確認を実施。

見守りサポートスキーム図
ご相談はこちらから

産物販売サポート(道の駅)

課題
  • ○道の駅に各農家が納品を行い、
     手間がかかっていた
  • ○良いものを良い状態で販売したい
  • ○地域の産物、産業で活性化したい

▼

山口県周南市の場合

<地産地消モデル>
周南市と協業し、農産物を「庭先集荷」して
「道の駅」へ納品。

産物販売サポート(道の駅)スキーム図
ご相談はこちらから

産物販売サポート(海外)

課題
  • ○新しい市場を開拓したい
  • ○良いものを良い状態で販売したい
  • ○地域の産物、産業で活性化したい

▼

熊本県の場合

<地産他消モデル(海外)>
熊本県、肥後銀行と協業し、海外販売プラットフォームを構築。
日本ブランドの農産物の輸出拡大へ。

産物販売サポート(海外)スキーム図
ご相談はこちらから

観光サポート

課題
  • ○観光客に、より快適な旅を
     サポートしたい
  • ○旅行者に再訪してほしい
  • ○観光から街を活性化したい
  • ○地域のイメージアップを図りたい

▼

三重県伊勢市の場合

「手荷物の一時預かり」「近隣ホテルまでの配達」
「観光案内」などを実施しています。

観光サポートスキーム図
ご相談はこちらから

外国人観光サポート

課題
  • ○外国人旅行者にも快適な旅を
     サポートしたい
  • ○空港の利用者を増やしたい

▼

中部国際空港の場合

空港運営会社と連携し、空港から近隣ホテルへの
当日配送を提供。外国人旅行者への観光案内も実施。

外国人観光サポートスキーム図
ご相談はこちらから

イベント運営サポート

課題
  • ○イベント会場での荷物引渡しが混雑
  • ○手荷物が邪魔でイベントを自由に
     楽しめない
  • ○イベントに必要なグッズや宿泊グッズを
     事前に送りたい

▼

フジロックフェスティバルの場合

イベント協賛会社と連携し、来場者が発送する
イベントグッズや宿泊グッズをシステムで一括管理。
スムーズな荷物の引渡しを実現しています。

イベント運営サポートスキーム図
ご相談はこちらから

地域のお祭りやマラソン大会などのダイレクトメールや
刊行物の発送、当日のイベント会場からのお荷物の発送や
出張荷受などについてもご相談ください。

ふるさと納税サポート

課題
  • ○ふるさと納税の申し込みが急増。
     通常業務に手が回らなくなった
  • ○業務効率化できるシステムや仕組み
     を探していた
  • ○より多くの方に大玉村を知っていただく
     ための手段を探していた

▼

福島県大玉村の場合

システム導入により、更に申込件数が増加しているが、
ふるさと納税業務に関わる自治体の作業負担は1/10に軽減。
「ふるさと納税」で大玉村の認知度向上と、
寄付者へのサービス充実も実現しています。

ふるさと納税サポートスキーム図
ご相談はこちらから

客貨混載の取り組み

課題
  • ○人口減少、高齢化の進行
  • ○路線バスの生産性をあげたい

▼

宮崎県西米良村の場合

西米良村と西都市をむすぶ荷物の輸送に、
路線バスの空席を活用。
バスの停留所で荷物を受け取り、
村の各エリアに配達しています。

客貨混載の取り組みスキーム図
ご相談はこちらから

緊急支援物資輸送

課題
  • ○災害発生時における緊急支援物資輸送の
     ノウハウが必要
  • ○緊急支援物資を避難所へ迅速に運ぶ
     機動力が必要

▼

秋田県の場合

秋田県の各市町村と災害発生時に備え、
緊急支援物資の輸送に関する協定を締結。

緊急支援物資輸送スキーム図
ご相談はこちらから

地域支援に関する
ご相談はこちらから
ご相談はこちらから